いけずな声でとろけるカラダ ~美形住職を密着取材~(1)
  • 完結

いけずな声でとろけるカラダ ~美形住職を密着取材~(1)

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「やさしゅう弄(いら)わな、はじけてしまいそうや。もっと聴いてみたいわ、お嬢さんの音色――…」甘い美声に囁かれて…カラダの奥、おかしくなっちゃう…!◆京都の山奥にたたずむ名刹・柳然寺。そこでは超絶美形の名物住職・柳生悠真が、ときおり琵琶を弾きながら説法をするという。女性ファン達が詰めかける様子はさながらライブ会場と話題になるほど。だが同時に、柳然寺は《あらゆる撮影と取材拒否》であり、“悠真様”の姿は謎に包まれていた。そんな中、なぜか特別に取材を許された編集者・芳賀めぐる。しかもお寺に泊まり込みで…いったいどうして?「撮りたかったらいつでもどうぞ?」だなんて…こんなヤラシイ姿…撮れるわけない!――いけず=イジワルな溺愛にとろかされちゃう、めくるめく官能&胸きゅんストーリー。

カテゴリ
TL
ジャンル
TLマンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
メルト
電子版発売日
2019年06月28日
サイズ(目安)
8MB

いけずな声でとろけるカラダ ~美形住職を密着取材~(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    ちゅんちゅん豆 2020年04月04日

    8話完結、内容もまとまっていて読みやすいです。(寄り道多すぎてダラダラ続く作品が苦手なもので。。)
    また主人公ちゃんが筋の通った、根性のある子だったので好きになりました。
    作画が綺麗で視覚的にも幸せですが、住職さんの台詞をCV:遊●浩二さんで脳内再生して読むと聴覚まで幸せに浸ることができます。声...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

いけずな声でとろけるカラダ ~美形住職を密着取材~ のシリーズ作品 全8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • いけずな声でとろけるカラダ ~美形住職を密着取材~(1)
    完結
    「やさしゅう弄(いら)わな、はじけてしまいそうや。もっと聴いてみたいわ、お嬢さんの音色――…」甘い美声に囁かれて…カラダの奥、おかしくなっちゃう…!◆京都の山奥にたたずむ名刹・柳然寺。そこでは超絶美形の名物住職・柳生悠真が、ときおり琵琶を弾きながら説法をするという。女性ファン達が詰めかける様子はさながらライブ会場と話題になるほど。だが同時に、柳然寺は《あらゆる撮影と取材拒否》であ...
  • いけずな声でとろけるカラダ ~美形住職を密着取材~(2)
    完結
    「さ、どんなふうに抱かれたいん?お嬢さんに選ばしたげる」誰もが振り向くイケメンとの京都デート…って、こんなえっちなプライベート、記事にできません…っ!◆京都の山奥にたたずむ名刹・柳然寺。そこでは超絶美形の名物住職・柳生悠真が、ときおり琵琶を弾きながら説法をするという。女性ファン達が詰めかける様子はさながらライブ会場と話題になるほど。だが同時に、柳然寺は《あらゆる撮影と取材拒否》...
  • いけずな声でとろけるカラダ ~美形住職を密着取材~(3)
    完結
    「《琴線に触れる》て、こういうこと言うんやろな」明かされる秘密、そして重なってしまうカラダ…。お願い、これ以上私の心を乱さないで…!「堪忍してや。そないぎゅうぎゅうに締められたら…たまらんわ」◆京都の山奥にたたずむ名刹・柳然寺。そこでは超絶美形の名物住職・柳生悠真が、ときおり琵琶を弾きながら説法をするという。女性ファン達が詰めかける様子はさながらライブ会場と話題になるほど。だが...
  • いけずな声でとろけるカラダ ~美形住職を密着取材~(4)
    完結
    「“檀家さん”やのうて、僕のお嫁さんになって」皆の前での大胆な《愛の告白》、そして激しい愛撫に、私は…!「もう我慢なんか、したげへん」◆京都の山奥にたたずむ名刹・柳然寺。そこでは超絶美形の名物住職・柳生悠真が、ときおり琵琶を弾きながら説法をするという。女性ファン達が詰めかける様子はさながらライブ会場と話題になるほど。だが同時に、柳然寺は《あらゆる撮影と取材拒否》であり、“悠真様”...
  • いけずな声でとろけるカラダ ~美形住職を密着取材~(5)
    完結
    恋人になって知ったコト。悠真君ってもしかして…すごくヤキモチ焼き!?「ああ、僕のことは気にせんと、オシゴト続けて?」だなんて、背後からそんな触り方されたら、私もう…っ!◆京都の山奥にたたずむ名刹・柳然寺。そこでは超絶美形の名物住職・柳生悠真が、ときおり琵琶を弾きながら説法をするという。女性ファン達が詰めかける様子はさながらライブ会場と話題になるほど。だが同時に、柳然寺は《あらゆ...
  • いけずな声でとろけるカラダ ~美形住職を密着取材~(6)
    完結
    「バンドマンのぼくと、住職のぼく、“お嫁さん”的にはどっちが好き…?」熱気の残るライブの控室。甘く強く突き上げられて…声ガマンできない…っ!◆京都の山奥にたたずむ名刹・柳然寺。そこでは超絶美形の名物住職・柳生悠真が、ときおり琵琶を弾きながら説法をするという。女性ファン達が詰めかける様子はさながらライブ会場と話題になるほど。だが同時に、柳然寺は《あらゆる撮影と取材拒否》であり、“悠真...
  • いけずな声でとろけるカラダ ~美形住職を密着取材~(7)
    完結
    ふたたび柳然寺を訪れためぐる。そこで見たものは、自分の書いた「彼氏」記事の思いがけない《反響》で……お寺に泊まり込んでの密着生活再開!?◆京都の山奥にたたずむ名刹・柳然寺。そこでは超絶美形の名物住職・柳生悠真が、ときおり琵琶を弾きながら説法をするという。女性ファン達が詰めかける様子はさながらライブ会場と話題になるほど。だが同時に、柳然寺は《あらゆる撮影と取材拒否》であり、“悠真...
  • いけずな声でとろけるカラダ ~美形住職を密着取材~(8)
    完結
    「お説法と同じ柔らかな声で、夜は私にだけ特別な言葉をくれる悠真くん。なんて愛しい人――…」◆京都の山奥にたたずむ名刹・柳然寺。そこでは超絶美形の名物住職・柳生悠真が、ときおり琵琶を弾きながら説法をするという。女性ファン達が詰めかける様子はさながらライブ会場と話題になるほど。だが同時に、柳然寺は《あらゆる撮影と取材拒否》であり、“悠真様”の姿は謎に包まれていた。そんな中、なぜか特別...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています