中学受験に合格する集中力の育て方―――勉強は量より「密度」が大事!

中学受験に合格する集中力の育て方―――勉強は量より「密度」が大事!

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ダラダラした1時間の勉強より、
集中状態の15分で結果は大きく変わってくる!
勉強は量より「密度」が大事!
『学校じゃ教えてくれない』集中力の取り扱い方を大公開!
最難関中学に合格させてきたプロ算数講師による超集中メソッド!

20年間で3200人超の生徒を灘中などの
最難関中学に合格させてきた人気講師による教育書。
子どもの4つの習慣
・時間
・環境
・行動
・姿勢
にフォーカスし、これらの習慣をそれぞれ変容させていくことで、
集中力がアップする方法を説く。

・ちゃんと集中しなさい!
・どうして集中できないの!
・ほら、あとちょっとだから頑張って!
ひょっとして、皆さんもこんな言い方をしていませんか?
子どもの宿題が進まずに手が止まってしまうのを見ると、
『なんでうちの子はこんなに集中力がないのかしら?』
と思ってしまいますよね。
その気持ち、よくわかります。

何か目の前に取り組むものがあったとき、
自然とスイッチが入り、周りの雑音が気にならなくなるくらい集中する。
特にアウトプットをする際は、意識しなくても楽に集中できる。
これこそ集中の理想的な姿とも言えます。

ただし、残念なことに学校では、集中の仕方を教えてはくれません。
それゆえ、親は子どもに何かをさせたいとき、
「集中! 集中!」とくりかえしてしまうのです。

ただし、それははっきり言って無意味。何の効果もありません。
なぜなら、子どもにとって「集中して勉強しなさい!」とは、
『ガマンして取り組みなさい!』と言われているようなもの。

ただ、ひとたび集中力をコントロールできるようになれば、
驚くほどの結果を残すことができるともいえるのです。
その力を手に入れて自在にコントロールできれば、
能力を加速度的にアップさせて、
最高のパフォーマンスが発揮できるようになります。

■集中力は誰もが持っているもの

本書では、集中力が引き出せるコツ、コントロールの方法をたくさん解説しています。
私が長年、受験講師として子どもたちを指導し、実践してきた方法です。



■目次

第1章 集中できる子の共通点はココだった

第2章 集中力のコントロールには、4つのポイントが必要

第3章 基本編 目標1~2時間 習慣化で短時間集中する

第4章 応用編 目標最大5時間 3つの方法で長時間集中する

第5章 子どもに集中してもらいたい、そのとき親はどうする?

第6章 イラストでわかる、集中力の差はここで出る!

■著者 州崎真弘

ジャンル
出版社
あさ出版
ページ数
195ページ
電子版発売日
2019年06月07日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

中学受験に合格する集中力の育て方―――勉強は量より「密度」が大事! のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています