星空写真撮影術 改訂版 天体写真撮影テクニック

星空写真撮影術 改訂版 天体写真撮影テクニック

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2015年発行のムック「星空写真撮影術」の改訂版です。赤道儀を使って星を追尾しながら撮影する「星空写真」について、新たに発売された赤道儀や撮り方の新しい解説などを追加し、よりわかりやすく、より実践的な内容でお届けします。

■星空に向かってシャッターを切る(星空写真の撮影手順と実際)(解説/中西昭雄・飯島 裕)
カメラの設定やピント合わせ、露出時間のめやすといった実際の撮影の手順から、星空写真のためのレンズ選び、撮影した写真の画像処理までを具体的に解説します。

■「星空写真」実践テクニック(作品作りに役立つ!あの手この手)(解説・作例/飯島 裕)
広角レンズや標準レンズ、望遠レンズによる星空の写し方や、ソフトフィルターを使って星をにじませる方法、対角魚眼レンズの活用方法、流星群の追尾撮影、星雲・星団の撮り方など、シーンごとの撮影のヒントを紹介します。

■コンパクト赤道儀とポータブル赤道儀(試写&レポート/川村 晶・佐々木 聡・北山輝泰・谷川正夫)
地球の自転に合わせて星々を追尾し、星像を点に写すために必要な「赤道儀」。持ち運びできる「ポータブル赤道儀」や、よりコンパクトで遠征にぴったりの「コンパクト赤道儀」7機種を紹介。それぞれの特徴を詳しく解説しているので、最適の1台をみつけることができます。

■美しい星座写真を撮る 四季の定番構図(解説・写真/谷川正夫)
日々変化していく魅力的な星座たちを撮りたい! 季節や星座ごとの切り取り方や、複数の星座を一枚に収める方法など、「美しい」星座写真を撮るためのテクニックを解説。季節ごとの定番構図も参考になります。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / 伝統・芸能・美術
出版社
アストロアーツ
掲載誌・レーベル
アストロアーツムック
電子版発売日
2019年06月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
127MB

星空写真撮影術 改訂版 天体写真撮影テクニック のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月30日

    コンパクト赤道儀とポータブル赤道儀
    レンズフードにヒーター(ホッカイロではダメ)
    タイマーリモコンを使う。
    ビクセンのポーラーメーターで北を合わせる。
    コントラストは高めにする。
    ホワイトバランスはオートで、あとでRAWで調整する。
    露出をヒストグラムで確認。下三分の一に収まっていればOK。右に寄れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています