AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー

AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー

作者名 :
通常価格 2,618円 (2,380円+税)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

AWS(Amazon Web Services)を活用・構築する知識を持っていることを証明するのがAWS認定です。「AWS認定 クラウドプラクティショナー」は、エンジニアだけでなくマネージャーや営業職など、さまざまなポジションを対象とした新しい試験で、AWSクラウドの知識とスキルを身に付け、全体的な理解を効果的に説明できるようになることが求められます。
本書はその「AWS認定 クラウドプラクティショナー」向けの試験対策教科書です。AWSを利用していくのに必要となる「クラウドの概念」「セキュリティ」「テクノロジー」「請求と料金」といったカテゴリを、しっかり丁寧に解説しています。
実際に豊富な構築経験と深い知識を持った著者が、試験の合格のポイントになる知識と解答の考え方が理解できるように構成しています。さらに、練習問題で知識を解答につなげる力がしっかりと身につきます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 全般
出版社
SBクリエイティブ
ページ数
288ページ
電子版発売日
2019年04月24日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
96MB

AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月23日

    クラウドプラクティショナー試験の参考書として利用しました。これ1冊で知識を補完しつつ、udemyや練習問題サイト等で色々な問題に挑戦しながら勉強することで試験合格出来ると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月02日

    AWSの基礎的事項が網羅されており、認定試験の準備のみならず、AWSの全体を把握するための手頃な入門書としても有用である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月29日

    AWSのセキュリティはAWS責任共有モデルという考え方を採る。これはクラウド事業者のAWSとユーザーがセキュリティ対策の責任境界を明確にすることで分担や協力しながらセキュリティを強化する方針である。
    AWSはデータセンターや物理ハードウェア、ネットワークや仮想化インフラストラクチャの管理や運用に責任...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています