社外では、理想の上司がエロになる7
  • NEW
  • 最新刊

社外では、理想の上司がエロになる7

作者名 :
通常価格 216円 (税込)
獲得ポイント

1pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「こんなにぐしょぐしょにして…淫乱なんだな」上司の吸い付くような舌の動きで、何度も果てて…。お願い、その目で見つめないで――!総務部課長の佐久間柊成さんは、冷徹な仕事人間。そんな彼に密かに片想い中の私だけど…。残業中、彼のデスクから柊成さん直筆の官能小説を発見しちゃった…!「俺の小説で欲情したのか?」トロトロに濡れてしまった私のナカを柊成さんの指がさらに激しく擦り上げていく…もうだめ、限界…、柊成さんエッチすぎます!

ジャンル
出版社
モバイルメディアリサーチ
掲載誌・レーベル
ラブきゅんコミック
電子版発売日
2019年08月23日
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 社外では、理想の上司がエロになる1
    「こんなにぐしょぐしょにして…淫乱なんだな」上司の吸い付くような舌の動きで、何度も果てて…。お願い、その目で見つめないで――!総務部課長の佐久間柊成さんは、冷徹な仕事人間。そんな彼に密かに片想い中の私だけど…。残業中、彼のデスクから柊成さん直筆の官能小説を発見しちゃった…!「俺の小説で欲情したのか?」トロトロに濡れてしまった私のナカを柊成さんの指がさらに激しく擦り上げていく…もうだ...
  • 社外では、理想の上司がエロになる2
    「こんなにぐしょぐしょにして…淫乱なんだな」上司の吸い付くような舌の動きで、何度も果てて…。お願い、その目で見つめないで――!総務部課長の佐久間柊成さんは、冷徹な仕事人間。そんな彼に密かに片想い中の私だけど…。残業中、彼のデスクから柊成さん直筆の官能小説を発見しちゃった…!「俺の小説で欲情したのか?」トロトロに濡れてしまった私のナカを柊成さんの指がさらに激しく擦り上げていく…もうだ...
  • 社外では、理想の上司がエロになる3
    「こんなにぐしょぐしょにして…淫乱なんだな」上司の吸い付くような舌の動きで、何度も果てて…。お願い、その目で見つめないで――!総務部課長の佐久間柊成さんは、冷徹な仕事人間。そんな彼に密かに片想い中の私だけど…。残業中、彼のデスクから柊成さん直筆の官能小説を発見しちゃった…!「俺の小説で欲情したのか?」トロトロに濡れてしまった私のナカを柊成さんの指がさらに激しく擦り上げていく…もうだ...
  • 社外では、理想の上司がエロになる4
    「こんなにぐしょぐしょにして…淫乱なんだな」上司の吸い付くような舌の動きで、何度も果てて…。お願い、その目で見つめないで――!総務部課長の佐久間柊成さんは、冷徹な仕事人間。そんな彼に密かに片想い中の私だけど…。残業中、彼のデスクから柊成さん直筆の官能小説を発見しちゃった…!「俺の小説で欲情したのか?」トロトロに濡れてしまった私のナカを柊成さんの指がさらに激しく擦り上げていく…もうだ...
  • 社外では、理想の上司がエロになる5
    「こんなにぐしょぐしょにして…淫乱なんだな」上司の吸い付くような舌の動きで、何度も果てて…。お願い、その目で見つめないで――!総務部課長の佐久間柊成さんは、冷徹な仕事人間。そんな彼に密かに片想い中の私だけど…。残業中、彼のデスクから柊成さん直筆の官能小説を発見しちゃった…!「俺の小説で欲情したのか?」トロトロに濡れてしまった私のナカを柊成さんの指がさらに激しく擦り上げていく…もうだ...
  • 社外では、理想の上司がエロになる6
    「こんなにぐしょぐしょにして…淫乱なんだな」上司の吸い付くような舌の動きで、何度も果てて…。お願い、その目で見つめないで――!総務部課長の佐久間柊成さんは、冷徹な仕事人間。そんな彼に密かに片想い中の私だけど…。残業中、彼のデスクから柊成さん直筆の官能小説を発見しちゃった…!「俺の小説で欲情したのか?」トロトロに濡れてしまった私のナカを柊成さんの指がさらに激しく擦り上げていく…もうだ...
  • 社外では、理想の上司がエロになる7
    続巻入荷
    「こんなにぐしょぐしょにして…淫乱なんだな」上司の吸い付くような舌の動きで、何度も果てて…。お願い、その目で見つめないで――!総務部課長の佐久間柊成さんは、冷徹な仕事人間。そんな彼に密かに片想い中の私だけど…。残業中、彼のデスクから柊成さん直筆の官能小説を発見しちゃった…!「俺の小説で欲情したのか?」トロトロに濡れてしまった私のナカを柊成さんの指がさらに激しく擦り上げていく…もうだ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています