天牢のアヴァロン(4)
  • 最新刊

天牢のアヴァロン(4)

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 726円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

もうどこにもない。あの頃「現実」だと思っていた、全てのものは――。茫漠たる荒野で、ある日目を覚ました青年・アズマ。そこはかつて、隆盛を極めたソヴィエトにより打ち上げられた恒星間移民船団アヴァロンが墜落した、不毛の星だった。仲間の裏切り、記憶の喪失…幾多の苦難を乗り越え、アズマがたどり着いた先は――。気鋭のコンビが紡ぐSFスペクタクル巨編、クライマックス!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
電子版発売日
2020年05月22日
紙の本の発売
2020年05月
サイズ(目安)
99MB

新刊オート購入

天牢のアヴァロン(4) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

天牢のアヴァロン のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 天牢のアヴァロン(1)
    もうどこにもない。あの頃「現実」だと思っていた、全てのものは――。何不自由ない生活のなか、厳しく自分を律し、研鑽を続ける青年・アズマ。しかしある日目覚めると、そこは戦場だった――。戦闘機械が軋みをあげ、血と土埃舞う大地で、戦いの果てにアズマは何を見るのか。気鋭のコンビが紡ぐSFスペクタクル巨編!!
  • 天牢のアヴァロン(2)
    もうどこにもない。あの頃「現実」だと思っていた、全てのものは――。茫漠たる荒野で、ある日目を覚ました青年・アズマ。そこはかつて、隆盛を極めたソヴィエトにより打ち上げられた恒星間移民船団アヴァロンが墜落した、不毛の星だった。戦闘機械が軋みをあげ、血と土埃舞う大地で、戦いの果てにアズマは何を見るのか。気鋭のコンビが紡ぐSFスペクタクル巨編!!
  • 天牢のアヴァロン(3)
    もうどこにもない。あの頃「現実」だと思っていた、全てのものは――。茫漠たる荒野で、ある日目を覚ました青年・アズマ。そこはかつて、隆盛を極めたソヴィエトにより打ち上げられた恒星間移民船団アヴァロンが墜落した、不毛の星だった。仲間に裏切られ、命からがら凍てついた大地へと辿りついたアズマは、吹雪の向こうに何を見るのか。気鋭のコンビが紡ぐSFスペクタクル巨編!!
  • 天牢のアヴァロン(4)
    もうどこにもない。あの頃「現実」だと思っていた、全てのものは――。茫漠たる荒野で、ある日目を覚ました青年・アズマ。そこはかつて、隆盛を極めたソヴィエトにより打ち上げられた恒星間移民船団アヴァロンが墜落した、不毛の星だった。仲間の裏切り、記憶の喪失…幾多の苦難を乗り越え、アズマがたどり着いた先は――。気鋭のコンビが紡ぐSFスペクタクル巨編、クライマックス!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています