よくわからないけれど異世界に転生していたようです3

よくわからないけれど異世界に転生していたようです3

作者名 :
通常価格 1,155円 (1,050円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

孤児の少女レンは10歳の時に、自分がかつて地球と呼ばれる世界で三十代半ばの男性研究者として生きてきたことを思い出す。過酷な異世界にひとり放り出されたレンは、前世の科学知識と生まれ持った魔法の才能で運命を切り開いていった。冒険者生活を経て11歳となったレンは、ノルンとベルのフェンリル母子をお供に王都に出て工房に間借りし、鍛冶修業を始める。そこで思いがけず再会した孤児院時代の旧友の少女達。最底辺の冒険者としてその日暮らしの生活をしていた友人達を見過ごせず、レンは援助の手を差し伸べる。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
Kラノベブックス
ページ数
324ページ
電子版発売日
2020年03月30日
紙の本の発売
2020年04月
サイズ(目安)
30MB

関連タグ:

よくわからないけれど異世界に転生していたようです3 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月22日

    ちょっとエッチな異世界TS 転生もの。
    とはいえ、きちんと書き込んである読みごたえのある作品です。

    3巻は王都での鍛冶修行の合間に、再会した孤児院仲間達との交流の話です。
    平和な地味巻のせいか、フェンリル達の活躍少なめでさみしい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    レン先生

    ムック 2021年03月20日

    昔馴染みの少女達に教育したり冒険者やギルドややんちゃな男子に教育的指導したりと今回は余り目立った行動はしてないはず?
    なのに魔剣作りがばれてまたまた面倒事に巻き込まれる予感

    このレビューは参考になりましたか?

よくわからないけれど異世界に転生していたようです のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • よくわからないけれど異世界に転生していたようです
    十歳の孤児の少女レンは、身売り同然に悪徳商人に引き取られる途中、乗っていた馬車が盗賊に襲われて崖から落ちた衝撃で、実験中の爆発事故で亡くなった三十代半ばの男性の研究者だった前世の記憶が蘇る。レンは全属性適正の魔法の才能と前世の知識とで新たな魔法を作りつつ、ひとり過酷な異世界を生き抜いていく。異世界で生きる等身大の主人公像を描く、「小説家になろう」1300万PV突破のハイファンタジー...
  • よくわからないけれど異世界に転生していたようです2
    かつて地球と呼ばれる世界で実験中の事故で亡くなった三十代半ばの男性の研究者は、異世界で孤児の少女レンとして二度目の生を受けた。過酷な異世界でひとり、前世の知識と魔法の才能を頼りに生き延びてきた彼女も11歳。オーガロード退治やら何やらですっかり 生計が安定して、次なる目標は前世の食の再現。新たな料理や食材を求めて王都へと旅立つことに。同行するのはノルンとベルのフェンリル母子に、宿...
  • よくわからないけれど異世界に転生していたようです3
    孤児の少女レンは10歳の時に、自分がかつて地球と呼ばれる世界で三十代半ばの男性研究者として生きてきたことを思い出す。過酷な異世界にひとり放り出されたレンは、前世の科学知識と生まれ持った魔法の才能で運命を切り開いていった。冒険者生活を経て11歳となったレンは、ノルンとベルのフェンリル母子をお供に王都に出て工房に間借りし、鍛冶修業を始める。そこで思いがけず再会した孤児院時代の旧友の...
  • よくわからないけれど異世界に転生していたようです4
    かつて地球と呼ばれる世界で三十数年の生を終えた男性研究者は、今はこの異世界で11歳の孤児の少女レンとして生きていた。冒険者生活を経て王都で鍛冶修業をしていたレンは、育った孤児院のある街に「冬の主」に率いられた魔物の群れが迫っていることを知る。雪降る中、孤児院時代の友人で今は冒険者をしているトリエラ達と共に街に向かうレン。しかし、街の防衛戦に巻き込まれたレンが、この世界で初めて...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

よくわからないけれど異世界に転生していたようです に関連する特集・キャンペーン