野生哲学──アメリカ・インディアンに学ぶ

野生哲学──アメリカ・インディアンに学ぶ

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「旅する学者、そして詩人」管啓次郎(読売文学賞)と「カルト的人気漫画家」小池桂一。異色のタッグが描き出す、神聖なる大地で生きる人々の豊穣な世界観。 私たち人間が、この地球の上で生きていくとはどういうことか?

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2017年02月03日
紙の本の発売
2011年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
101MB

野生哲学──アメリカ・インディアンに学ぶ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年01月20日

    これは新たな視点で世界を見るきっかけになった。ものすごい世界観だった。

    私の身近では、マクロビオティックやオーガニック、スローライフに視点をおく傾向がある。だけど、そもそも、どうしてそうすることが必要であり、その根源にあるものが一体何かは混沌としていた。
    それが、まさかアメリカ・インディアンの人々...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月20日

    書き出しの、未開民族もほぼ携帯電話を持っていて、グローバル化、「人類全てがお互いの存在を知っており、関与しようと思えば関われる状態」にあることは凄いことだと思った。影響を及ぼし合い、ある意味均質化してゆくことは避けられない。
    その中で、土地に根ざした民族文化を守ることが喫緊の課題であるという主張は説...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月08日

    アメリカインディアン、アラスカなどの先住民の暮らしを「土地と暮らす」と表現し、現代の私たちの暮らしは「土地と切り離されている」と表現する。この本は2013年マザーのイベントの露店で購入。キャンプは、「土地と暮らす」暮らしといえると思う。土地と切り離された暮らしがいかにそれたけで摩耗するものか、根本的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月24日

    アメリカの広大な土地に住む、いくつものインディアンの部族たちに伝わる神話や伝承、そしてそれらに基づく生活、生き方の哲学、世界観。土地に密着し、土地に溶け込むからこそ生まれる、土地と人間が食い違いを起こさないような考え方に満ちているように思えました。
    本当に、インディアンの人たちは、自然をリスペクトし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月28日

    わたしたちが、自然を畏れ、敬い、その恵みに感謝することの大切さを忘れてしまって、いったいどのくらい経つでしょう?現代社会が如何に仮想的で、実態を伴わないものであるかということに、改めて気づかされる1冊でした。
    なにかを決めるとき、7世代あとの人々のことを考え、その人々に対し責任を負うものでなければな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています