死後事-shigoto-(1)人生お疲れさまでした!篇。20分ファンタジーシリーズ

死後事-shigoto-(1)人生お疲れさまでした!篇。20分ファンタジーシリーズ

作者名 :
通常価格 218円 (199円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

さっと読めるミニ書籍です(文章量24000文字以上 32,000文字未満(30分で読めるシリーズ)=紙の書籍の50ページ程度)

【書籍説明】
「人生お疲れさまでしたー!」


自ら死を選んだ誠太郎の前には、巨大なフェリー、ツノの生えたカチューシャをした女性、冥土の入り口に並ぶ露店、3人の閻魔様、そして刑務所のような地獄……。

生前にイメージしていた死後の世界とのギャップに戸惑う誠太郎の元に、自らが殺してしまった女性、杏が現れる。

「殺しても殺し足りないくらい、殺し飽きるくらいに殺してやりたい、そう思っていますよ」

殺意むき出しの杏から提案された7つの死後の仕事、「死後事」をこなす研修、四十九日制度。

誠太郎の49日の物語が始まる。

【目次】
第一章 あなたは死にましたよね?
第二章 人生お疲れ様でしたー!
第三章 まったく、ここにもお役所仕事はあるのか。
第四章 自殺は無条件で地獄行き?
第五章 ここは文字通りの「地獄」だ。
第六章 死後事……ですか。
第七章 私が私でいるためですよ。
第八章 巻き糞とかでいいんじゃないですか?
第九章 奪衣婆及び懸衣翁業務。
第十章 人から教えられるものじゃなく、自分で気づくもの。
第十一章 ゴンゴン、船長さんだから。
第十二章 「でも」、「だって」、「どうせ」
第十三章 時間ほど虚しいものはない。
第十四章 死は終わりじゃない。


【著者紹介】
椎名晴(シーナハル)
1993年、広島県生まれ。
落語とカープと駅伝を愛する引きこもり。著書に「こたつむり彼氏の日記~」がある。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
まんがびと
掲載誌・レーベル
黒熊文芸文庫
電子版発売日
2019年04月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

死後事-shigoto-(1)人生お疲れさまでした!篇。20分ファンタジーシリーズ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

死後事-shigoto- のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 死後事-shigoto-(1)人生お疲れさまでした!篇。20分ファンタジーシリーズ
    さっと読めるミニ書籍です(文章量24000文字以上 32,000文字未満(30分で読めるシリーズ)=紙の書籍の50ページ程度) 【書籍説明】 「人生お疲れさまでしたー!」 自ら死を選んだ誠太郎の前には、巨大なフェリー、ツノの生えたカチューシャをした女性、冥土の入り口に並ぶ露店、3人の閻魔様、そして刑務所のような地獄……。 生前にイメージしていた死後の世界とのギャップに戸惑う誠太郎の元に、自らが殺してしまった女性、杏が現れる。 「殺しても殺し足りないくらい、殺し飽きるくらいに殺してやりたい、そう思っていますよ」 殺意むき出しの杏から提案された7つの死後の仕事、「死後事」をこなす研修、四十九日制度。 誠太郎の49日の物語が始まる。 【目次】 第一章 あなたは死にましたよね? 第二章 人生お疲れ様でしたー! 第三章 まったく、ここにもお役所仕事はあるのか。 第四章 自殺は無条件で地獄行き? 第五章 ここは文字通りの「地獄」だ。 第六章 死後事……ですか。 第七章 私が私でいるためですよ。 第八章 巻き糞とかでいいんじゃないですか? 第九章 奪衣婆及び懸衣翁業務。 第十章 人から教えられるものじゃなく、自分で気づくもの。 第十一章 ゴンゴン、船長さんだから。 第十二章 「でも」、「だって」、「どうせ」 第十三章 時間ほど虚しいものはない。 第十四章 死は終わりじゃない。 【著者紹介】 椎名晴(シーナハル) 1993年、広島県生まれ。 落語とカープと駅伝を愛する引きこもり。著書に「こたつむり彼氏の日記~」がある。
  • 死後事-shigoto-(2)Love,too Death,too篇。20分ファンタジーシリーズ
    さっと読めるミニ書籍です(文章量24000文字以上 32,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の50ページ程度) 【書籍説明】 四十九日制度の死後事、奪衣婆及び懸衣翁を終えた主人公、真木誠太郎は、2つ目の死後事、人に愛を与える、キューピッドの死後事をすることになる。 誠太郎のことを「親友」と呼ぶ、英国紳士風の男から愛の始まりの仕組みを学んだ上で、誠太郎の死後事のターゲットになったのは、まさかの恋人だった。 愛と死の関係を目の当たりにする、誠太郎の2つ目の死後事が始まる。 【目次】 第一章 彼はどうしてこんなにまで。 第二章 これ、僕、作ってました。 第三章 キミならどの男女に目をつける? 第四章 生涯賃金の平均って一体いくらなんだろうか。 第五章 金か。夢か。愛か。自由か。 第六章 幸せになるかもしれないというほどの、ほんのわずかな希望くらいでいい。 第七章 決別の矢を射よ! 第八章 どんなに手を伸ばしても掴めない。 第九章 止まったままでは、いつまでも景色は変わりませんから。 第十章 真木です! 真木誠太郎です! 【著者紹介】 椎名晴(シーナハル) 1993年、広島県生まれ。落語とカープと駅伝をこよなく愛する引きこもり。 著書に「こたつむり彼氏の日記~」、「死後事-shigoto-シリーズ」がある。
  • 死後事-shigoto-(3)届きそうで、届かない篇。20分ファンタジーシリーズ
    さっと読めるミニ書籍です(文章量20,000文字以上 24,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の40ページ程度) 【書籍説明】 四十九日制度の死後事、キューピッド業務を終えた主人公、真木誠太郎は3つ目の死後事、人を死へと誘う、死神の死後事をすることになる。 ローブを目深に被った女子高生の身勝手な死生観に誠太郎は彼女と衝突。そんな中、誠太郎の初死神業務の死後事のターゲットとなったのは……。 人の死について死後の世界の視点から考える、死後事-shigoto-シリーズの第3弾。 【目次】 第一章 死ぬことは怖いことなの? 第二章 認められるのって誰でも嬉しいでしょ? 第三章 なんてことをするんだ! 第四章 人は生だけを受けて生きることはできないでしょ? 第五章 俺たちは友達だ。 第六章 最っ、低っ! 第七章 大丈夫、大丈夫。 第八章 慚無い死後事でした。 第九章 これ、まさか富士山ですか? 第十章 生まれ変わらなければいいんじゃないか? 第十一章 白く塗るんですか? 【著者紹介】 椎名晴(シーナハル) 1993年、広島県生まれ。落語とカープと駅伝をこよなく愛するヒトミシリ。 著書に「こたつむり彼氏の日記~」、「早朝ブラックパーカー団!」、「死後事-shigoto-シリーズ」がある。
  • 死後事-shigoto-(4)壁は白い篇。20分ファンタジーシリーズ
    さっと読めるミニ書籍です(文章量20,000文字以上 24,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の40ページ程度) 【書籍説明】 やる気のない指導役ツシマの下、ペンキ職の死後事をすることになった誠太郎。 ツシマから「真面目過ぎる」という指摘を受け、誠太郎は初めて一人で天国の街を歩く。 天国の生活や仕組みについてピックアップした今作、誠太郎の束の間の休息が始まる。 【目次】 第一章 そろそろ終わりにしよう。 第二章 バカを見てると安心しない? 第三章 パンツ見えるんは恥ずべきことなんか? 第四章 あ、月見草。 第五章 死後の世界にも幽霊っているのか? 第六章 ここで問題! 第七章 誰かの心に残れば、それでいい。 第八章 この死後事って、そこなんですか? 第九章 神様を作ったのは一体誰なんでしょうね。 【著者紹介】 椎名晴(シーナハル) 1993年、広島県生まれ。落語とカープと駅伝をこよなく愛するヒトミシリ。 著書に「こたつむり彼氏の日記~」、「早朝ブラックパーカー団!」、「笑え!」、「死後事-shigoto-シリーズ」がある。
  • 死後事-shigoto-(5)震える命篇。20分ファンタジーシリーズ
    さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度) 【書籍説明】 5つ目の、天気を司る死後事。 風を起こす狸、雨を降らす狐、雷を落とすハクビシン、そして雪を降らす兎……。 まるでアニメのキャラクターのような獣たちを従え、誠太郎は下界に雨を降らす。 そんな死後事の最中、マリ支店長と見覚えのあるバッジを付けた男との会話を聞き、詰め寄る誠太郎に、マリ支店長が語ったこととは? 怒りに震える、死後事-shigoto-シリーズの第5弾! 【目次】 第一章 死後の世界には地震が起きない。 第二章 では、お勉強ですね。 第三章 人の意思によるものです。 第四章 戦争特別措置法については? 第五章 しかし、これは物じゃない。人の命だ。 第六章 これを利用しない手はない。 【著者紹介】 椎名晴(シーナハル) 1993年、広島県生まれ。落語とカープと駅伝をこよなく愛するヒトミシリ。 著書に「こたつむり彼氏の日記~」、「笑え!」、「阿佐ヶ谷、れんこん、はさみ揚げ、」、「死後事-shigoto-シリーズ」などがある。
  • 死後事-shigoto-(6)言わぬが花、知らぬが仏篇。20分ファンタジーシリーズ
    さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度) 【書籍説明】 件が巨大地震を起こすことを知った誠太郎は、マリ支店長と共に、死後の世界では前代未聞のストライキを決行する。 循環省でそのことを知った杏は、高収入、高級車、高級マンションを手放すことを防ぐため、保身のため、ストライキをやめさせようと交渉に乗り出す。 他、6つ目の死後事であるコウノトリ業務を含む、死後事シリーズ後半戦。 【目次】 第一章 マリではなく、真木。 第二章 件は生きた原子力発電所なのだ。 第三章 押してもダメなら、引いてみよう。 第四章 言わぬが花。知らぬが仏。 第五章 錬金術で、作った子ども? 第六章 人造人間。 【著者紹介】 椎名晴(シーナハル) 1993年、広島県生まれ。落語とカープと駅伝をこよなく愛するヒトミシリ。 著書に「阿佐ヶ谷、れんこん、はさみ揚げ、」、「笑え!」、「こたつむり彼氏の日記~」、「死後事-shigoto-シリーズ」などがある。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています