小学校英語の文字指導 リタラシー指導の理論と実践

小学校英語の文字指導 リタラシー指導の理論と実践

作者名 :
通常価格 2,073円 (1,920円+税)
紙の本 [参考] 2,592円 (税込)
獲得ポイント

10pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

児童英語理論の第一人者が、文字の読み書き(リタラシー)指導についての理論と実践(活動)をわかりやすく紹介しています。本書で取り上げた「聞く」「読む」「話す」「書く」という4技能をスモールステップで導入する指導法は、児童にアルファベットの確実な定着を促します。文部科学省発行の『We Can!』のSounds and Lettersに取り入れられている指導理論(オンセット・ライム)についても、関連する活動とともに詳しく解説。まさにリタラシーに関する指導理論の決定版とも言える書籍です。

ジャンル
出版社
東京書籍
ページ数
208ページ
電子版発売日
2019年03月22日
紙の本の発売
2019年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
68MB

Posted by ブクログ 2019年03月23日

継続した英語教育に携わる人には、ぜひ、読んでほしい。ただ、私も、自分自身のためを含めて読もうと努力したけれど、アルファベット学習→音韻認識能力を伸ばす学習→フォニックス、話し言葉とリタラシー、リーディング・ライティングと、続けていくには、難易度が高い。マザーグースを親しむ努力はしようと思う。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています