未来を予告していた黒い手塚治虫 本当はエロチックで残虐な「黒手塚マンガ」のストーリー

未来を予告していた黒い手塚治虫 本当はエロチックで残虐な「黒手塚マンガ」のストーリー

作者名 :
通常価格 1,798円 (1,665円+税)
紙の本 [参考] 1,998円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【ご購入の前に】
本電子書籍には、紙版に収録されている写真は収録されておりません。あらかじめご了承ください。

手塚マンガに出てくる未来は明るいものばかりではない。むしろ、未来の戦争や人類の終末を描いたもののほうが多いくらいだ。代表作である「鉄腕アトム」の中でも、手塚は人間とロボットが共存するユートピアだけを描こうとしたわけではなく、人間の奴隷として働かされていたロボットが人間に対して反乱を起こすストーリーや、反対にロボットに人間が支配される世の中を描かれている。生誕90周年となる手塚マンガを通して、未来を再検証する。

ジャンル
出版社
徳間書店
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年01月18日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

Posted by ブクログ 2019年02月11日

 自分には何が黒いのか分からなかったし、どこまでをエロチックで残虐だというのかも分からない。

 手塚作品として世に出ている以上また今まで残っている以上その時々における世代に共感を与えていることになる訳で決して予告というわけでもないだろう。

 まっとうに世の中を描写し発展させた結果における作品であ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています