くろんの花の、蜜知る君は。 (上)
  • 完結

くろんの花の、蜜知る君は。 (上)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「麗しきあなたに導かれ、私は愛と孤独を知る……。」 人里離れた山中で撫子を育てながら兄・氷雨と穏やかな生活を送っていた日向。そんなある日、日向の元にひとりの男がやってきた。士族・東雲家の庭師で“疾風”と名乗るその美しい男は、日向に対し「貴女の本名は“東雲雷火”、十四年前に東京で誘拐された東雲家の次女だ」と告げる。その後日向は、兄の死をきっかけに、疾風とともに“雷火”として東雲家に戻ることを決意するが――…。

ジャンル
出版社
ぶんか社
掲載誌・レーベル
禁断Loversロマンチカ
電子版発売日
2019年01月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
46MB

くろんの花の、蜜知る君は。 (上) のユーザーレビュー

レビューがありません。

くろんの花の、蜜知る君は。 のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • くろんの花の、蜜知る君は。 (上)
    完結
    「麗しきあなたに導かれ、私は愛と孤独を知る……。」 人里離れた山中で撫子を育てながら兄・氷雨と穏やかな生活を送っていた日向。そんなある日、日向の元にひとりの男がやってきた。士族・東雲家の庭師で“疾風”と名乗るその美しい男は、日向に対し「貴女の本名は“東雲雷火”、十四年前に東京で誘拐された東雲家の次女だ」と告げる。その後日向は、兄の死をきっかけに、疾風とともに“雷火”として東雲家に戻...
  • くろんの花の、蜜知る君は。 (下)
    完結
    「私の知らない“真実の私――”あなたは知っているの…?」 疾風との出会い、そして兄・氷雨の死を機に、日向は「雷火」として生家の東雲家に戻ることを決意する。慣れない暮らしの中、唯一頼れる人は疾風のみ。次第に雷火は疾風に心惹かれてゆくが、心の距離はなかなか縮まらずにいた。そんな中、疾風が所持するノートに自分の名前が記されていることを知った雷火は、疾風が自分の出生にまつわる「何か」を隠...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています