愛というなまえ【単行本版】
  • 完結

愛というなまえ【単行本版】

作者名 :
通常価格 763円 (694円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

父を亡くし、東京を離れ、何もない田舎に引っ越してきた郁郎。祖母と従兄弟の恋文と暮らすことになるが、年上の恋文は意地悪でいけすかない奴だ。恋文を苦手に思う郁郎だったが、ある日彼が自分を嫌う本当の理由を知ってしまう。それは、郁郎が「殺したいくらい憎いけど、世界で1番愛していた男の息子」だからだった――。
切なくてもどかしい、愛しい“愛の物語”。

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
ジーウォーク
掲載誌・レーベル
BF Series
ページ数
176ページ
電子版発売日
2018年12月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
37MB

愛というなまえ【単行本版】 のユーザーレビュー

    購入済み

    riii 2021年02月21日

    1冊丸々読み終わるまでずっと泣いてました。。。
    たくさん辛いんですけど
    でも2人の人生にお互いが入ってくる為に
    必要だった出来事で、
    今にも消えてしまいそうな恋文のもとに
    郁郎が現れてくれて
    本当によかった。。。。。。。涙
    レビュー書きながら感情が高まりすぎて
    頭回らず話まとまらず訳...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    丁寧

    からあ 2020年10月04日

    すごく丁寧に描かれている作品だと思います。
    心情の変化などももちろんですが、言葉のひとつひとつや表情など、読み返せば読み返すほど気づくことがあります。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    感動しました

    ニョッキ 2020年07月28日

    絵柄が好きだったので表紙買いしたら、最初から最後まで面白く、ポロリとしてしまいました。2人の想いがすごく良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ジーンときます。

    みう 2020年07月07日

    お互い嫌いから始まるストーリー重視の作品。
    キャラの泣くシーンや、意識し合っているのに、お互いを思って遠慮したり、気遣ったりするシーンは、心にグッとくるものがある。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    泣きました、すごかった

    よめ 2020年05月22日

    読み終わって、ポロッと涙が零れました。
    ストーリーが素晴らしいです。
    さすがだなあと思いました。
    ストーリー重視系ですが、エッチシーンも相当満足。
    キャラクターがビジュアルと背景までしっかり作り込まれていて、読み応えがありすぎました。買ってよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    🥴

    まる 2020年05月15日

    泣ける。これやばい

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    kareman 2020年05月08日

    作家さん買い。
    ストーリーはBLに割とよくある感じなのかもしれないけど、この作家さんは健気な受けを描くのが本当に上手!2人の純愛にほろりときました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    切なさと愛しさ

    オフィーリア 2019年10月20日

    大好きだった大人に裏切られ、母親から捨てられ、傷ついた恋文の思いが切ない。
    郁郎と恋文のお互いの思いやりの優しさにも心がしめつけられます。
    ストーリーは王道だけど、良かった。
    表情が幼いのと、体の線が男の子にしては柔らか過ぎる感は有るけれど、それがかえってエロいかも。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    まこにゃ 2020年11月14日

    何回読んでも泣いてしまいます。切ないシーンもたくさんありますが、強がって突き放したり、恋文の想いがとにかく温かくて大好きです!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    良かった

    七瀬 2020年09月04日

    ハッピーエンド、凄く良かったです。
    恋文は泣いたり怒ったり、大人ぶってるだけで本当は脆くて心は子どものままなのだと。だからこそ郁郎に救って欲しいと心底思いながら読ませていただきました。

    10年以上の時が経って郁郎は成長してるのに恋文はほぼ歳取らない!(笑) 違和感はあったけどそれが逆に年齢差を感じ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています