日経テクノロジー展望2019 世界をつなぐ100の技術

日経テクノロジー展望2019 世界をつなぐ100の技術

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

今、知っておくべき最強のビジネス教養
テクノロジーの未来を
日経BP社技術系専門誌の編集長が徹底解説!

テクノロジーの進化は世界をどう動かしていくのか。
次々に生まれる技術のうち、どれが有望で将来を担っていくのか。
IT、エレクトロニクス、機械、医療、建築、土木、各分野を知り尽くした日経BP社の技術系専門誌・サイトの編集長が、テクノロジーの未来を広く深くわかりやすく解き明かす。

★2018年にノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学の本庶佑特別教授の研究成果に基づくがん免疫療法も取り上げています。

★テクノロジー未来年表、期待度ランキングを特別収録。

・ビジネスパーソン、経営者、技術者たちが期待するのはどの技術か?
日経BP社が独自に調査を実施。経営者、技術者・研究者、ビジネスパーソンは2019年、さらには2030年にどの技術に期待しているのか――。調査結果の詳細とともに、知っておくべきテクノロジーを紹介します。

AIやIoT、再生医療、自動運転、ロボット、ゲノム編集、自動重機、人体計測、量子コンピュータ、5G、デジタル警備、VR/AR、ブロックチェーンなど、さまざまな技術が登場します。

・複数のテクノロジーが掛け合わさる「クロステック」の時代に
本書はイノベーションを巻き起こす「クロステック」――さまざまな技術、人、分野の相互反応――に注目し、解説していきます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
日経BP
ページ数
320ページ
電子版発売日
2018年10月26日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
69MB

日経テクノロジー展望2019 世界をつなぐ100の技術 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年06月02日

    サク読みできてちょうど良い、新聞読まないしテレビも観ないので・・ ただ英語・ローマ字を縦書き表記にされると読みにくいので改善してほしい
    個人的には再生医療や合成生物学のパートが興味深かった。 細胞の塊を剣山に刺して立体成型で人工血管を作ったり、キャス9酵素を使ったゲノム編集など、昔では考えられ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月23日

    今の時代、「あったら良いな」と思うものは、技術的には大抵ある。
    これからの人間に求められる能力は、技術の活用方法を考えて価値を生み出すことだ。
    考えるための材料として、様々なジャンルの最新技術がわかりやすく一冊にまとめられたこの本は、大変に参考になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月10日

    現在実用に向けて研究されている技術について要点が簡潔に記載されており、少し先の未来がどんな社会になるかが想像できた。また、今実現したいことが逆に社会が抱えている課題なのだと認識することができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月30日

    ITに限定されず新しい技術を簡潔にまとめてくれていて、たまに眺めるには良い
    ただ、あっという間に陳腐化してしまうので次はもう少し早めに読もう

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月14日

    医療技術、IoT、VR、電子決済等、今後、カギとなるテクノロジーが掲載されています。日本はどんどん人口が減少する中、安易に外国人材を受け入れるのではなく、これらのテクノロジー(特にIoT)を駆使して労働人口不足問題の解消をして欲しいものです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月23日

    値引き率予測システムの行き着く先は定価という概念がなくなり価格弾力性が最大化される状態かもしれない。
    経済格差は広がる一方だろうなあ。それなりの生活は誰でもできる。だけど本当に欲しいもの、やりたいことはカネがないとできない場合が増えてくるだろうなあ。わかりやすい例だと、安室ちゃんのラストライブチケッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月29日

    最新の技術には興味があり、この手のを見ると手に取ってしまう。
    IOTやAIが元気だったかな。医療のページも多くあったが、難しくあまり頭に残らず。
    実感覚としては「高齢者見守り」にITをと言うのがすぐやれそう、実用性、需要有りそうと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています