サンストーン vol.4

サンストーン vol.4

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「待って! 閉じないで!
これは、ホットなレズビアンのボンデージ・セックスを描いた本よ」

彩色耽美のオトナ百合アメコミ!
「LGBTQ*」と「BDSM**」を描く、心をかき乱すロマンティックラブストーリーの邦訳版第4巻。

“結局、私たちはただの友達だったの?”

ロマンスは決して簡単にはいかない。
見落とされたシグナル、オブラートに包まれた嫌味、そして自我…それらが関係を深めることを邪魔する。
親友であり、ルームメイトであり、BDSM愛好家のアリーとリサも例外ではない。

2人のロマンスは幻想的で、“セフレ”というウソが多い関係とは違う。
しかし、リサの小説の登場人物が、新しい友達のアンをモデルにしていると明らかになった時、シグナルは見落とされ・・・彼女たちの関係に綻びが生じてしまう?


*「LGBTQ」:レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア等の性的少数者を示す言葉
**「BDSM」:ボンデージ、ディシプリン、サディズム、マゾヒズム等の嗜虐的性嗜好を示す言葉

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
誠文堂新光社
掲載誌・レーベル
G-NOVELS
ページ数
128ページ
電子版発売日
2018年12月14日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
125MB

新刊オート購入

サンストーン vol.4 のユーザーレビュー

レビューがありません。

サンストーン のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • サンストーン vol.1
    2,200円(税込)
    「待って! 閉じないで! これは、ホットなレズビアンのボンデージ・セックスを描いた本よ」 彩色耽美のオトナ百合アメコミ! 「LGBTQ」と「BDSM」を描く、ちょっとエッチなロマンティックラブストーリー、待望の邦訳化! 仕事で成功を収めているアリーは、支配者タイプの女王様。一方、作家志望のリサは、縛り上げられ服従したいという秘密を持っていた。ネット上で出会った2人は、数ヵ月間チャットでの会話...
  • サンストーン vol.2
    2,200円(税込)
    「待って! 閉じないで! これは、ホットなレズビアンのボンデージ・セックスを描いた本よ」 彩色耽美のオトナ百合アメコミ! 「LGBTQ*」と「BDSM**」を描く、心をかき乱すロマンティックラブストーリー、邦訳版第2巻が早くも登場! “考えすぎてはダメ” アリーとリサは、どこにでもいる典型的なカップル。 ビデオゲームで遊び、デートに出かけ、そして、心に秘めた気持ちや欲望を不器用に避けながら...
  • サンストーン vol.3
    2,200円(税込)
    「待って! 閉じないで! これは、ホットなレズビアンのボンデージ・セックスを描いた本よ」 彩色耽美のオトナ百合アメコミ! 「LGBTQ*」と「BDSM**」を描く、心をかき乱すロマンティックラブストーリーの第3巻が邦訳化! “もう後戻りはできない” 女王様のアリーと奴隷のリサ。 単なるBDSMで繋がっていたはずの2人の関係に、徐々に変化が訪れる。 BDSMを楽しむトムとキャシーのカップル、BDSMに懐疑...
  • サンストーン vol.4
    2,420円(税込)
    「待って! 閉じないで! これは、ホットなレズビアンのボンデージ・セックスを描いた本よ」 彩色耽美のオトナ百合アメコミ! 「LGBTQ*」と「BDSM**」を描く、心をかき乱すロマンティックラブストーリーの邦訳版第4巻。 “結局、私たちはただの友達だったの?” ロマンスは決して簡単にはいかない。 見落とされたシグナル、オブラートに包まれた嫌味、そして自我…それらが関係を深めることを邪魔する...
  • サンストーン vol.5
    2,860円(税込)
    「待って! 閉じないで! これは、ホットなレズビアンの ボンデージ・セックスを描いた本よ」 彩色耽美のオトナ百合アメコミ! 「LGBTQ*」と「BDSM**」を描く、心をかき乱すロマンティックラブストーリーの邦訳版第5巻。 “好き、嫌い、好き…” アリーとリサのBDSMロマンスが終わりを迎える。 かたくなに、自分の本当の気持ちを認められずにいる2人。 別々の道を歩み始めようとした時、リサは再び筆...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています