双筆五十三次(名人絵師二人の伝説的共演作!『東海道の風景画×人物風俗画』解説付き)

双筆五十三次(名人絵師二人の伝説的共演作!『東海道の風景画×人物風俗画』解説付き)

作者名 :
通常価格 456円 (415円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

広重と豊国――天才絵師二人、夢のコラボレーション!

全シリーズを解説付きで完全収録。
江戸時代の宿場街のようすが庶民の文化・風俗とともによくわかる永久保存版。

『双筆五十三次』とは――
三代豊国(歌川国貞)が人物を描き、歌川広重が風景を描いた、合筆の「東海道五十三次」です。
江戸後期に「豊国にかほ(似顔)、国芳むしゃ(武者)、広重めいしょ(名所)」と評されるほど名をあげていたスター絵師の歌川豊国と歌川広重。豊国は、役者絵や美人画などの人物画を描かせたら右に出るものはいないと言われていました。また、『東海道五十三次』や『名所江戸百景』で世界的にその名を知られる広重は、風景画の大御所としてその名を天下に轟かせていました。
その二人がそれぞれの得意分野で夢の競演をはたしたのが、この『双筆五十三次』です。
この作品は、当時の庶民の期待にこたえ、大ヒットを飛ばしました。
浮世絵史に残る名作として、現代の浮世絵ファンの心も掴んではなしません。

本書には、『双筆五十三次』をより堪能していただくために、風景画と人物画それぞれについての解説があります。ひと味違う「東海道五十三次」の旅を、どうぞ存分にお楽しみください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / 伝統・芸能・美術
出版社
BCCKS Distribution
掲載誌・レーベル
江戸歴史ライブラリー
電子版発売日
2018年10月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
46MB

双筆五十三次(名人絵師二人の伝説的共演作!『東海道の風景画×人物風俗画』解説付き) のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています