ベランダは難攻不落のラ・フランス

ベランダは難攻不落のラ・フランス

作者名 :
通常価格 891円 (810円+税)
紙の本 [参考] 983円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「衿沢さんの描かれる関係性は健やかで粋で
エロくないとこが逆にセクシーで
うわーってなります! 好きです!!」
──コナリミサト(マンガ家 『凪のお暇』ほか)

音楽と子ども、10代と冒険、秘められた魔法……
近作からレア作まで、衿沢世衣子のエッセンスが詰まった短編集。
各作品にセルフライナーノーツも書き下ろしました。

ジャンル
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
CUE COMICS
ページ数
196ページ
電子版発売日
2018年10月06日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
74MB

関連タグ:

新刊オート購入

ベランダは難攻不落のラ・フランス のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年04月28日

    圧倒的に夏の話。
    ああ、こんなことがあったなって
    ふと小学生時代の自分がかけて行った背中を見送るような
    そんな気持ちになる


    世界観と空気がとてもすき。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月23日

    積み本を読む。

    『ベランダは難攻不落のラ・フランス』

    短編集。一番好きなのは「リトロリフレクター」。ロマンティック。廃墟でのボーイミーツガールからの魔法、天文台、月までの距離、そしてこう纏めたかと嬉しくなるラスト。この一冊の中で一番新作なだけあって、洗練されてるのかもしれない。


    次に好きなの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月08日

    なんてことない日常に、
    藤子不二雄先生のSFよりも薄いほんの若干の不思議な要素を取り入れた
    日常にありそうでなさそうなことを描のに長けた衿沢先生の特色が光る短編集。
    物事はなるようにしかならないのではなく、なんとかなるのでもなく
    なんとかするものだという力強さを感じるのも面白さの1つでしょうか。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています