農業崩壊 誰が日本の食を救うのか

農業崩壊 誰が日本の食を救うのか

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

砂上の飽食ニッポン、「三人に一人が餓死」の明日
三つのキーワードから読み解く「異端の農業再興論」

【小泉進次郎】「負けて勝つ」農政改革の真相
【植物工場3.0】「赤字六割の悪夢」越え、大躍進へ
【異企業参入】「お試し」の苦い教訓と成功の要件

本書は、これまでの農業関係の本では真正面から取り上げられることの少なかった三つにテーマを絞り込んだ。

「小泉進次郎」「植物工場」「企業の農業参入」。これらをめぐり、意見は分かれている。

ある人びとからすれば、小泉は農業改革の旗手であり、植物工場は未来の食料生産を支える希望の技術で、企業は遅れた日本の農業を再建する立役者となる。一方、別の人たちに言わせれば、小泉は農業のことをよく知らず、植物工場と企業参入は失敗だらけ。
収益性の低さにさらされながらも、これまで黙々と農業を続けてきた農家の努力にこそ未来を託すべきだ、となる。

前者の意見は農業を専門としない人たちに多く、後者は農業のことを長年、地道に観察してきた人たちに多い。そのどちらにも正解はないというのが本書の立場だ。

どっちつかずの議論にするのが目的ではない。まずは先入観を排除し、問題を浮かびあがらせる。植物工場と企業参入は失敗例を詳しく伝え、小泉の農政改革に関しては残された課題を詳述した。そのうえで、過小評価されがちな三者の可能性に光を当てた。

農業に関する本としては、本書は「異端」に類するのかもしれない。だが、将来の食料問題を見据え、農業の課題を点検するためには、農業ジャーナリズムもこれまでの境界を越えてテーマを広げるべきだと思っている。

(本書「はじめに」より)

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
336ページ
電子版発売日
2018年09月27日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年02月02日

    しっかり取材して描かれていて農家側、参入する企業側、政治の側、それぞれから見方考え方が書かれていて非常に参考になる。
    植物工場に関してはコストはかかるので経営が成り立たない赤字だって言うのは知っていた。
    しかし根本的な問題は他の部分にあると言う。
    また農業に企業が参入すれば効率的で儲かる農業になると...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月05日

    農業は生産性もしくは収益性が低く、企業がいたずらに参入しても採算が取れる保証はない。

    小泉進二郎改革、農業工場、企業参入とカバーされた項目はバランスが取れ、農業の現状をよく俯瞰できる。

    何を持って日本農業が復活できるかは不明だが、強い意志を持った就農者とトヨタのカイゼンとのつながりは一つの光明の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年02月09日

    深く切り込んでいて、著者の農というテーマへの執念さえ感じさせた。
    表面的な企業礼賛論ならだれでもできる。
    でも、著者は農政の歴史、現場の意識、政治、行政、企業経営(大規模も小規模)を知っていて、大局観も持っている。
    その上で、地に足のついた、泥臭い取材も重ねていらっしゃる気がする。

    既存の農家を「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年05月11日

    ・日本の農地をフル活用した場合、栄養バランスを考慮せずにイモ類などを中心に栽培すれば128%を供給することができるがこれは現実的ではない。栄養バランスのよい食料を供給しようとすると一人あたり必要な量の69%しか提供することができない。

    ・現在の日本の農業は、企業的な経営感覚を持ち込んで大規模化しよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています