制服ぬすまれた
  • 完結

制服ぬすまれた

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
紙の本 [参考] 638円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日常に潜むミステリーを描く珠玉の短編集

「うちのクラスの女子がヤバい」で話題を呼んだ、衿沢世衣子のよみきり集が登場!

月刊フラワーズの名手が描く、日常に潜むミステリーを集めた5編。

【収録作品】
[制服ぬすまれた] ぬすまれたのは、一体なに?
[ワニ蕎麦] 日常に潜む、善意と悪意。
[カラスが鳴くから] どこまでもついてくる記憶――
[鉄とマヨ] 夏の終わり、消えた彼女を探してる――
[ハンドスピナーさとる] バイト先で出会ったのは、ヤンキー美女と殺人事件!?

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
flowers
ページ数
192ページ
電子版発売日
2018年10月26日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年12月08日

抜け感のある絵とやや暗めのテーマ。ほどよいバランスと思うけど、他の作品のイメージに引きずられる人には合わないかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月21日

意外な推理物(犯罪物)短編集で、こんなのも描けるんだぁ、と感心。でも考えてみれば、作者の着想の独創性と構成力からすれば向いているジャンルかも。あとキャラクター作りが上手い。「ワニ蕎麦」の蕎麦屋で働いている主人公の造型には参った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月25日

絵が好みではないけれど、ストーリーは意外性があって面白かったです。本名わからない彼女、すごいキャラクターです。ハンドスピナーのくだりも、面白かった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年11月10日

新聞の書評をみて読んでみた。この絵柄は、好きな方ではない。ストーリーは日常に潜む「ブラック」を描いているのだろう。わりと面白く読むことができた。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています