神様はちょっとだけいじわる act.4
  • 完結

神様はちょっとだけいじわる act.4

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

凪(なぎ)くんとオレは、どういう関係なんだろう…。
名前のない体をつなげるだけの関係性から、直(なお)は一歩も先へ踏み出せずにいた。
微妙な空気が続く中、いつものようにセックスをしたある日――
「俺と直はさ…恋人に…なれるかな…」
番がいるはずの凪からの、思いもよらぬ一言。動揺した直は曖昧な態度で凪を避けるというジレンマに陥ってしまう。
そんな折、とあるきっかけで凪の“婚約者”を名乗る美しい女性に出会う。凪の番であろう女性を前に、直の心は激しく痛み――…

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
オーバーラップ
掲載誌・レーベル
LiQulle
ページ数
39ページ
電子版発売日
2019年02月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

神様はちょっとだけいじわる act.4 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

神様はちょっとだけいじわる のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 神様はちょっとだけいじわる act.1
    完結
    平凡なβの直(なお)は、ある日昔引っ越した幼なじみのα・凪(なぎ)と運命の再会をする。 綺麗で完璧で、王子様のようなαの凪は成長しても昔交わした『約束』を覚えている様子。 愛おしく抱きしめられ、思わずときめいてしまう直だった。 ところが久々の再会を懐かしむ中、直の身体になぜか『βに起こるはずのない発情』が起きる。 「凪くん――…さわって」 それは直の第二の性別が、数万分の一の確率で変異した兆候で…!? Ω嫌いの王子様α×平凡だった元β、運命のいたずらに狂わされるドラマティック・ラブ!
  • 神様はちょっとだけいじわる act.2
    完結
    凪(なぎ)と直(なお)が再会してから一夜。 発情した彼に抱かれたことを思い出し、初体験だった直はドキドキから凪の顔をまともに見れずにいた。 一方で凪はβであるはずの直からΩの匂いがしたことにひどく驚き、過去の『トラウマ』を思い出す。 大好きな直から、そんな匂いがするはずない、認めたくない――… 各々が複雑な思いを抱えつつも、幼なじみとしての関係を取り戻そうとする二人。 ところが再び訪れた凪の家で、直に二度目の発情が起き!? むせ返るような直の甘いフェロモンに、理性の飛んだ凪はまた――…
  • 神様はちょっとだけいじわる act.3
    完結
    直(なお)との再会を喜びながらも、オメガ特有の発情フェロモンに惹きつけられていた凪(なぎ)。 凪がオメガを嫌いになったのは、とある『トラウマ』から―― アルファ至上主義の両親がオメガをきっかけに不仲になり、そして自身も抗えないフェロモンに囚われた過去があった。 直を好きな気持ちは本能じゃない…そう言い聞かせる凪をよそに、とうとう直も自身の性別変異に気づいてしまう。 こうなったらただの幼なじみではいられない。第二の性別に二人の運命はまた揺れ動き…?
  • 神様はちょっとだけいじわる act.4
    完結
    凪(なぎ)くんとオレは、どういう関係なんだろう…。 名前のない体をつなげるだけの関係性から、直(なお)は一歩も先へ踏み出せずにいた。 微妙な空気が続く中、いつものようにセックスをしたある日―― 「俺と直はさ…恋人に…なれるかな…」 番がいるはずの凪からの、思いもよらぬ一言。動揺した直は曖昧な態度で凪を避けるというジレンマに陥ってしまう。 そんな折、とあるきっかけで凪の“婚約者”を名乗る美しい女性に出会う。凪の番であろう女性を前に、直の心は激しく痛み――…
  • 神様はちょっとだけいじわる act.5
    完結
    直(なお)の発するフェロモンに惹きつけられた青年から助けてくれたのは凪(なぎ)だった。 そんな彼に、オメガへの性別変異に気づいていた直は身を引く決意を固め、涙ながらに別れを告げる。 ところが張り詰めた空気の中、先日の凪の婚約者である女性・日和(ひより)が現れ…? 二人の仲を取り持つように明るく朗らかな日和を見て、直の心はほどけていく。 そしてすれ違いの真実に気づいた二人はかつて出会った公園で――… 過去未来の想いが重なる、感動の最終話!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています