忍恋秘録(1) 夜這いの巻
  • 完結

忍恋秘録(1) 夜這いの巻

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

忍びの里で人知れず任務にあたる由依は、敬愛する掬水の為、身を粉にして働く日々…。叶わない想いを抱えながらも一人過ごす自室に突然、初めての房術の相手・春壱が現われて!? 敏感な場所を熟知された身体は、悪戯な手に開かれて、どうしても濡れてしまう――。
※本書は電子配信中の「夜這われ~無防備なカラダ~【乙蜜マンゴスチン】」に収録されております。

ジャンル
出版社
乙蜜編集部
掲載誌・レーベル
e乙蜜コミックス
ページ数
27ページ
電子版発売日
2018年06月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

忍恋秘録(1) 夜這いの巻 のユーザーレビュー

レビューがありません。

忍恋秘録 のシリーズ作品 全9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • 忍恋秘録(1) 夜這いの巻
    完結
    忍びの里で人知れず任務にあたる由依は、敬愛する掬水の為、身を粉にして働く日々…。叶わない想いを抱えながらも一人過ごす自室に突然、初めての房術の相手・春壱が現われて!? 敏感な場所を熟知された身体は、悪戯な手に開かれて、どうしても濡れてしまう――。 ※本書は電子配信中の「夜這われ~無防備なカラダ~【乙蜜マンゴスチン】」に収録されております。
  • 忍恋秘録(2) 荒療治の巻
    完結
    特殊な能力の代償に、心身ともに療養中の由依。任務に出られないのを歯がゆく思っているところに、医者の春壱が治療に来て…トロリとした塗り薬で全身弄られながらの診察が始まった…!! これ本当に治療なんですか!? ※本書は電子配信中の「[再編集版]略奪愛【乙蜜マンゴスチン】」に収録されております。
  • 忍恋秘録(3) 身元改めの巻
    完結
    精神感応能力を駆使する女忍の由依は、敬愛する掬水に感情の見えない兄・依月と遊女屋の潜入捜査を言い渡された。体に丁字の傷がある男を探す由依。目的に近づいた矢先、複数の飢えた男たちに身体を弄ばれて!? これが私の任務なのに…春壱さんの顔が浮かぶのはなぜ? ※本書は電子配信中の「男子いっぱい女子ひとり【乙蜜マンゴスチン】」に収録されております。
  • 忍恋秘録(4) 悋気の巻
    完結
    医師・春壱の護衛で旅に同行することになった女忍の由依。行く先々で女性に言い寄られる春壱に複雑な気持ちになるけど、春壱はどこ吹く風で…。私だって春壱さんを喜ばせることができる、と初めての奉仕に挑戦するけど、結局優しく弄られるはめになって――!? この嫉妬は精神感応のせいなの? ※本書は電子配信中の「愛してるから年の差エッチ【乙蜜マンゴスチン】」に収録されております。
  • 忍恋秘録(5) 姦計の巻
    完結
    相手の発情に惑わされ、無理矢理奥まで開かれる――でも、思い浮かぶのはあの人の顔。超聴覚をもつ情報屋の丁迩のもとに通うようになった由依。義兄を目の敵にする丁迩の真意を探ろうと試行錯誤するけれど、くえない丁迩に翻弄されて…? ※本書は電子配信中の「ワルい男【乙蜜マンゴスチン】」に収録されております。
  • 忍恋秘録(6) 深追いの巻
    完結
    由依を散々乱し、弄んだ丁迩が分家の里に入った。丁迩に穢された身体を持てあまし、春壱と目が合わせられない由依を、春壱は嫉妬まじりの優しくて長い愛撫で責めて? 丁迩にはそんなところ、舐められてなんかないです…! ※本書は電子配信中の「愛撫たっぷり強引H【乙蜜マンゴスチン】」に収録されております。
  • 忍恋秘録(7) 仕置きの巻
    完結
    兄の依月を憎む丁迩が分家の里に入り、その見張りとして、由依と春壱が振り当てられる。複雑な思いの由依を、軽口を叩きながらまたもや弄ぶ丁迩だったが、春壱の本気の怒りに触れて?! 行為をやめないで欲しいのは、今の私の本当の気持ち――。
  • 忍恋秘録(8) 煽情の巻
    完結
    仇討ちの為、依月の元に向かった丁迩を追う由依。入った部屋の中は赤く染まり、思わぬ惨状が待ち受けていた。毒気にあてられた由依を慰めるため、春壱はある提案をする。2人の男に四方から責められ、由依の意識はトロトロに混濁して…。嫉妬するならどうしてこんなことするの…?
  • 忍恋秘録(9) 春結いの巻
    完結
    「いいの?依月をおいて俺に貫かれたりして…」 春壱から由依を奪う、そんな依月の宣戦布告を受け、春壱は由依の前から去っていった。戸惑うばかりの由依だったが、気持ちを見直し、自分が誰に恋をしているかを自覚する。迷いなく春壱の元に走る由依は自分から春壱の褥に飛び込んで!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています