空のオルガン 8
  • 完結
  • 最新刊

空のオルガン 8

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【変化するゆきの身辺と暗黒の時代…それでも希望は失わない!】神戸で知り合った果南(かなん)がゆきを頼って出てきた。学校では軍人が幅を利かせ軍事教練が行われた。非合法運動に関わる兄の存在や教会の出入りをとがめられたゆきは…。音楽と共に愛と夢をうたいあげる感動のヒューマンドラマ、緊迫の最終章、第8巻。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ぶ~け
ページ数
169ページ
電子版発売日
2018年07月01日
サイズ(目安)
26MB

関連タグ:

空のオルガン 8 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

空のオルガン のシリーズ作品 全8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 空のオルガン 1
    完結
    440円(税込)
    【青い空と海の街で激動の昭和初期を過ごした多感な少年の日々】横浜の男子校に通い教会でオルガンを弾く恵庭(えにわ)ゆきは、絵を描く少女・鞠子と知り合う。教会の神父から楽譜作りを頼まれた2人。自分に自信がないと言う鞠子にゆきが紹介した妹は…。音楽と共に愛と夢をうたいあげる感動のヒューマンドラマ、第1巻。
  • 空のオルガン 2
    完結
    440円(税込)
    【孤独な葵のために、ゆきの静かな奮闘が始まる!】ゆきは音楽の勉強をしに週一で東京へ行く。そこで、横浜でよく見かける少女、久慈葵(くじあおい)にバッタリ出会った。彼女はゆきに「音楽なんてやめた方がいい」と言い放つ。落ち込むゆきだが…。音楽と共に愛と夢をうたいあげる感動のヒューマンドラマ、第2巻。
  • 空のオルガン 3
    完結
    440円(税込)
    【世の中の不穏な雲行きに、ゆきの心は傷つき揺れた】恵庭家に親戚の藤菜(ふじな)が家事見習いにやって来た。彼女はもうすぐ軍人の元へ嫁ぐという。しかしある日、私服刑事に呼び止められた2人は、乱暴で無礼な職質を受け、トラブルに見舞われた! 音楽と共に愛と夢をうたいあげる感動のヒューマンドラマ、第3巻。
  • 空のオルガン 4
    完結
    440円(税込)
    【複雑な生い立ちの同級生に深入りしたゆきが見たものは…】ゆきの学校に編入してきた前野は、朽ちた温室をよみがえらせるほどの植物好き。ゆきと前野は学校をさぼって映画を見に行き意気投合。しかし翌日にショッキングで不可解な出来事が起こった。音楽と共に愛と夢をうたいあげる感動のヒューマンドラマ、第4巻。
  • 空のオルガン 5
    完結
    440円(税込)
    【窮屈な環境や障害をも明るく乗り越える恵庭家の女たち】12歳の富士太は楽器屋を営む伯父と2人暮らし。風の中にたたずむ盲目の少女(ゆきの妹・こだま)を見かけ、彼女が音楽好きだと知った。その日から富士太は苦手な楽器の練習を始めるが…。音楽と共に愛と夢をうたいあげる感動のヒューマンドラマ、第5巻。
  • 空のオルガン 6
    完結
    440円(税込)
    【個人が守られない逆境の時代にもゆきの正義感は揺るがない!】ゆきは学校で組対抗のリレー駅伝選手に選ばれた。クラス全員で早朝練習をすることになったが、みんなの気持ちはバラバラ。規律を乱す者を非難する周囲の雰囲気に、ゆきは違和感を覚えるが…。音楽と共に愛と夢をうたいあげる感動のヒューマンドラマ、第6巻。
  • 空のオルガン 7
    完結
    440円(税込)
    【ロマンチックな出会い、思いがけない出来事…ゆきのハプニングは続く…】ある時、ゆきが荷物運びを手伝った老婦人の家にはステキなスタインウェイのピアノがあった。ピアノを弾かせてもらったゆきは、お礼に誕生日の贈り物をしたいと老婦人に申し出る…。音楽と共に愛と夢をうたいあげる感動のヒューマンドラマ、第7巻。
  • 空のオルガン 8
    完結
    440円(税込)
    【変化するゆきの身辺と暗黒の時代…それでも希望は失わない!】神戸で知り合った果南(かなん)がゆきを頼って出てきた。学校では軍人が幅を利かせ軍事教練が行われた。非合法運動に関わる兄の存在や教会の出入りをとがめられたゆきは…。音楽と共に愛と夢をうたいあげる感動のヒューマンドラマ、緊迫の最終章、第8巻。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています