お前の感じる所、ココだな?~絶倫上司のケダモノ捜査~第2話
  • 完結

お前の感じる所、ココだな?~絶倫上司のケダモノ捜査~第2話

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

麻取とは、犯罪捜査を行う厚生労働省の職員である。
「助けて、灰原課長!」…おとり捜査で潜入していた姫川は、犯人たちに絡まれ犯されそうになりつつ、ルーキーの紺野に助けられながらなんとか任務をこなしていた。
そんな中、課長に励まされつつもエッチな想像が膨らみ、日々発情している姫野。
グチョグチョな蜜が溢れ貪るような口づけに、興奮は絶頂に。
「灰原課長の大きな手で、あんなとこ触られたら…きっと気持ちいいんだろうな…」
課長に認められたい姫川は、次の潜入捜査に買って出てトラブルに巻き込まれていく。
はたして、姫川は初めて見る課長のいきり立ったモノを受け入れることができるのか!?
姫川の捜査と恋の行方は、どうなる?
成瀬千雪が優れた筆力で描く渾身のラブストーリー【第2話】。

カテゴリ
TL
ジャンル
TLマンガ
出版社
大洋図書
掲載誌・レーベル
姫ラブ
電子版発売日
2018年05月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
29MB

お前の感じる所、ココだな?~絶倫上司のケダモノ捜査~第2話 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

お前の感じる所、ココだな?~絶倫上司のケダモノ捜査~ のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • お前の感じる所、ココだな?~絶倫上司のケダモノ捜査~第1話
    完結
    麻取とは、犯罪捜査を行う厚生労働省の職員である。 「助けて、灰原課長!」…おとり捜査で潜入していた姫川は、犯人たちに絡まれ犯されそうになりつつ、ルーキーの紺野に助けられながらなんとか任務をこなしていた。 そんな中、課長に励まされつつもエッチな想像が膨らみ、日々発情している姫野。 グチョグチョな蜜が溢れ貪るような口づけに、興奮は絶頂に。 「灰原課長の大きな手で、あんなとこ触られたら…きっと気持ちいいんだろうな…」 課長に認められたい姫川は、次の潜入捜査に買って出てトラブルに巻き込まれていく。 はたして、姫川は初めて見る課長のいきり立ったモノを受け入れることができるのか!? 姫川の捜査と恋の行方は、どうなる? 成瀬千雪が優れた筆力で描く渾身のラブストーリー【第1話】。
  • お前の感じる所、ココだな?~絶倫上司のケダモノ捜査~第2話
    完結
    麻取とは、犯罪捜査を行う厚生労働省の職員である。 「助けて、灰原課長!」…おとり捜査で潜入していた姫川は、犯人たちに絡まれ犯されそうになりつつ、ルーキーの紺野に助けられながらなんとか任務をこなしていた。 そんな中、課長に励まされつつもエッチな想像が膨らみ、日々発情している姫野。 グチョグチョな蜜が溢れ貪るような口づけに、興奮は絶頂に。 「灰原課長の大きな手で、あんなとこ触られたら…きっと気持ちいいんだろうな…」 課長に認められたい姫川は、次の潜入捜査に買って出てトラブルに巻き込まれていく。 はたして、姫川は初めて見る課長のいきり立ったモノを受け入れることができるのか!? 姫川の捜査と恋の行方は、どうなる? 成瀬千雪が優れた筆力で描く渾身のラブストーリー【第2話】。
  • お前の感じる所、ココだな?~絶倫上司のケダモノ捜査~第3話
    完結
    麻取とは、犯罪捜査を行う厚生労働省の職員である。 「助けて、灰原課長!」…おとり捜査で潜入していた姫川は、犯人たちに絡まれ犯されそうになりつつ、ルーキーの紺野に助けられながらなんとか任務をこなしていた。 そんな中、課長に励まされつつもエッチな想像が膨らみ、日々発情している姫野。 グチョグチョな蜜が溢れ貪るような口づけに、興奮は絶頂に。 「灰原課長の大きな手で、あんなとこ触られたら…きっと気持ちいいんだろうな…」 課長に認められたい姫川は、次の潜入捜査に買って出てトラブルに巻き込まれていく。 はたして、姫川は初めて見る課長のいきり立ったモノを受け入れることができるのか!? 姫川の捜査と恋の行方は、どうなる? 成瀬千雪が優れた筆力で描く渾身のラブストーリー【第3話】。
  • お前の感じる所、ココだな?~絶倫上司のケダモノ捜査~第4話
    完結
    麻取とは、犯罪捜査を行う厚生労働省の職員である。 「助けて、灰原課長!」…おとり捜査で潜入していた姫川は、犯人たちに絡まれ犯されそうになりつつ、ルーキーの紺野に助けられながらなんとか任務をこなしていた。 そんな中、課長に励まされつつもエッチな想像が膨らみ、日々発情している姫野。 グチョグチョな蜜が溢れ貪るような口づけに、興奮は絶頂に。 「灰原課長の大きな手で、あんなとこ触られたら…きっと気持ちいいんだろうな…」 課長に認められたい姫川は、次の潜入捜査に買って出てトラブルに巻き込まれていく。 はたして、姫川は初めて見る課長のいきり立ったモノを受け入れることができるのか!? 姫川の捜査と恋の行方は、どうなる? 成瀬千雪が優れた筆力で描く渾身のラブストーリー【第4話・完】。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています