「デフレ論」の誤謬 なぜマイルドなデフレから脱却できなかったのか

「デフレ論」の誤謬 なぜマイルドなデフレから脱却できなかったのか

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

バブル崩壊以降、日本経済にマイルドなデフレが続いたのはなぜなのか。なぜ異次元の金融緩和、大胆な財政政策も、デフレ脱出につながらなかったのか――。
そこには、日本経済を大きく変化させる、需給ギャップの原因があった。グローバル化、人口動態の変化など、需要の「構造」が大きく変わった「平成日本」を振り返り、未来に禍根を残さない日本経済のあり方について、明快な指針を示す衝撃の書。

☆バブル崩壊以降、大胆な財政・金融政策、不良債権の処理などの手を次々に打ちながら、マイルドなデフレ状態から脱しきれなかった日本経済。

☆そこには、グローバル化の進展、人口動態の変容など、日本経済の需要面を根底から変える大きな「構造」の変化があった。そのため、供給改革のペースが追いつかず、マイルドなデフレ状態を脱しきれなかったのだ――。

☆元日銀マンとして金融政策の現場に深くかかわった著者が、大胆な仮説をもとに、経済学の知見等も使いながら、「平成日本」を経済面から鋭く分析。国民の経済厚生を大きく毀損しない経済政策運営のあり方を考える。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
292ページ
電子版発売日
2018年05月07日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

「デフレ論」の誤謬 なぜマイルドなデフレから脱却できなかったのか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年03月07日

    2018年4月19日出版 良書ではあるが、物足りない。
    問題提起として「デフレさえなくなれば」に疑義を呈している。

    1・2章が、これまでの日本経済分析で、為替レートの調整対応と、最初の消費増税時(5%)の議論は、2014年の8%と2019年の10%の事例研究において重要になってくると思われる。グロ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています