火星で生きる (TEDブックス)

火星で生きる (TEDブックス)

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
紙の本 [参考] 1,782円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

火星移住は夢ではない。人類の希望であり、運命だ。

2027年、流線形の宇宙船が火星に降りていく――いまや問題は火星に「行く」ことから、そこでどう「暮らす」かへと移った。
イーロン・マスク、ジェフ・ベゾス、マーズワンといった民間プレーヤーが宇宙をめぐって激しく開発競争を展開するなか、新型ロケットやテラフォーミング技術など、火星移住に向けた準備は着々と進んでいる。
駆り立てるのは地球の危機と人類の探求心。
数々の科学誌 編集長を歴任したジャーナリストが、宇宙開発史から環境的・経済的な実現 可能性まで、「最後のフロンティア」火星の先にある人類の未来を活写する。

「少し前までは荒唐無稽に聞こえた話が、現在では実現可能な話として語られ、もう少ししたら現実になっているだろう」……長沼毅(解説冊子より)


Small books, big ideas. 未来のビジョンを語る。
人気のTEDトークをもとにした「TEDブックス」シリーズ日本版、第11弾。

「火星着陸が成し遂げられた暁には、『スター・ウォーズ』や『スター・トレック』のような現実離れしたSF作品も現実的なものに見えてくるだろう。
土星や木星の衛星だって、探査を計画してもよい場所のように思えてくる。
その善し悪しはさておき、カリフォルニアのゴールドラッシュにも匹敵する一攫千金を狙う人たちも現れるだろう。
地球の重力の束縛を離れて、想像の許すかぎり遠くにまで人類のビジョンは広がっていくということだ。
人類が初めて火星の土を踏む瞬間は、科学上、哲学上、歴史上、そして探検上、今までにない重要な意味を持つことになるだろう。
私たち人間はもはや、ひとつの惑星に留まる種族ではなくなるのだ」(本書より)

ジャンル
出版社
朝日出版社
電子版発売日
2018年04月27日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年07月04日

手軽に知的好奇心を満たせる良書。
現在の科学力で火星で生活するにはどうすれば良いか具体的に記載してある。
火星がとても身近なものに感じるとともに、火星の移住の必要性をロマンの見地以外の点から気づかせてくれた。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play