もっと半熟女子(4)

もっと半熟女子(4)

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ちとせが見つけた男版八重にそっくりな人、その人も実は女の子だった!
「私が男だったら…」
その言葉に八重は昔大好きだった陽子ちゃんのことを思い出してしまうのだった。
※この作品は『ガレットNo.7』に掲載されている作品となります。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
ブリック出版
掲載誌・レーベル
ガレット
ページ数
18ページ
電子版発売日
2019年02月22日
サイズ(目安)
16MB

新刊オート購入

もっと半熟女子(4) のユーザーレビュー

レビューがありません。

もっと半熟女子 のシリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • もっと半熟女子(1)
    165円(税込)
    ちとせと八重の二人が帰ってきた! ボーイッシュ系爽やか女子のちとせとフワかわ系女子の八重。付き合い始めて1年たった二人の新たな学校生活とは! 『半熟女子』の続編作品が堂々登場! ※この作品は『ガレットNo.4』に掲載されている作品となります。
  • もっと半熟女子(2)
    165円(税込)
    ちとせと同じ部活に入って一緒にいる時間が増えたものの、「ふたりだけ」の時間は相変わらず少ないままだった。 そんな中、両親がいないので久しぶりにちとせとお泊りできる!そう思っていた八重だったのだが…… ※この作品は『ガレットNo.5』に掲載されている作品となります。
  • もっと半熟女子(3)
    110円(税込)
    「ついにやって来たぞー男子校!!」 大はしゃぎのちとせに対して心配の絶えない八重。 「私がちとせを守らないと!!」 はたして八重の心配は杞憂に終わるのか!? ※この作品は『ガレットNo.6』に掲載されている作品となります。
  • もっと半熟女子(4)
    110円(税込)
    ちとせが見つけた男版八重にそっくりな人、その人も実は女の子だった! 「私が男だったら…」 その言葉に八重は昔大好きだった陽子ちゃんのことを思い出してしまうのだった。 ※この作品は『ガレットNo.7』に掲載されている作品となります。
  • もっと半熟女子(5)
    165円(税込)
    かつて八重が好きだった女の子の陽子ちゃん。 そしてその陽子ちゃんが今好き「かも」しれない女の子。 二人を見て、複雑な想いを抱く八重だったが… ※この作品は『ガレットNo.8』に掲載されている作品となります。
  • もっと半熟女子(6)
    110円(税込)
    鮎も陽子ちゃんのことが初めて会った時から気になっていた。 しかしその陽子ちゃんには彼氏がいて…… ついに爆発し、溜めていたことを陽子にぶつけてしまった鮎だったが…… ※この作品は『ガレットNo.9』に掲載されている作品となります。
  • もっと半熟女子(7)
    110円(税込)
    複雑な関係の陽子と鮎巳。 そしてちとせも鮎巳のことで何やら思い出したことがあるようで? 触れたい、抱きしめたい、キス……したい…? ※この作品は『ガレットNo.12』に掲載されている作品となります。
  • もっと半熟女子(8)
    110円(税込)
    なんと鮎巳はちとせの初恋の女の子だった! ずっともう一度会いたいと思っていたちとせは…… 初めて好きになった女の子。 ※この作品は『ガレットNo.13』に掲載されている作品となります。
  • もっと半熟女子(9)
    110円(税込)
    秘密の恋をしている鮎巳と陽子。 放課後、部活が始まるまでの短い間がふたりの時間…… そのことに悩む鮎巳はちとせに相談をするのだが…… もういちどキスしたい ※この作品は『ガレットNo.14』に掲載されている作品となります。
  • もっと半熟女子(10)
    110円(税込)
    陽子との関係に悩み続ける鮎巳。 そんな中、陽子も彼氏の勝司の何気ない一言で鮎巳のところへ向かうのだが…… ふたりだけの朝 ※この作品は『ガレットNo.15』に掲載されている作品となります。
  • もっと半熟女子(11)
    165円(税込)
    ついに陽子と結ばれた鮎巳。 夢のような幸せの中にいるにいる鮎巳だが、唯一の気がかりは陽子の彼氏の存在で…… ※この作品は『ガレットNo.16』に掲載されている作品となります。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています