夢みるチョコレート工房――働く喜びをつくるということ

夢みるチョコレート工房――働く喜びをつくるということ

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

不動産評価ビジネス分野で実績を上げていた著者・伊藤紀幸さんの人生は、30歳のとき、知的障がいを持つ息子を授かったことで大きく変わり始めました。日本での知的障がい者の賃金があまりに安いことを知った伊藤さんは、その将来を案じ、ならば知的障害者が働き、もっと稼ぐことのできる場を作ろうと、紆余曲折の末に、2012年、チョコレート工房「ショコラボ」を開業しました。いまやショコラボは、デパートのバレンタイン催事等でも人気のチョコレート工房に成長しています。
本書は、横浜市にある小さなチョコレート工房「ショコラボ」の愛があふれる起業ストーリーをまとめた1冊です。親子の愛、障がい者福祉、起業の面白さ、経営することの難しさやワクワク感、モノづくりの喜びなど、さまざまなテーマがぎゅっと詰まっています。

目次

プロローグ 幸せのチョコレート
第1章 息子との出会い
第2章 ショコラボの誕生
第3章 いよいよ、船出
第4章 ショコラボの楽しい日常
第5章 ショコラボが目指すもの
第6章 経営者としての学び
第7章 ダイバーシティ(多様性)を受け入れる社会づくり
エピローグ――19年と364日間経って思うこと
あとがき


<著者プロフィール>
伊藤紀幸(いとう のりゆき)
金融畑を歩むが、障がいのある息子を授かり、自分が本当にやりたいことは何かを見つめ直して脱サラ。障がい者の働く場創出と工賃アップを目指して、構想10年にして全国初の福祉のチョコレート工房を2012年11月にオープン。当初、障がい者には難しいとされたチョコレート作りを信念とミッションで切り拓き、JR東海の駅や有名百貨店・有名ホテル等で展開。各方面からその起業ストーリーの共感を得て躍進を続けるソーシャルビジネスの経営者。

※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『夢見るチョコレート工房―働く喜びをつくるということ』(2018年2月9日 第1刷)に基づいて制作されました。
※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
ウェッジ
ページ数
202ページ
電子版発売日
2018年03月02日
紙の本の発売
2018年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

夢みるチョコレート工房――働く喜びをつくるということ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年01月21日

    賃金の安さで働き甲斐をなくす気持ちは
    よーくわかるし 身につまされてるので
    障碍者の福祉という観点にとどまらず
    共感できた本でした

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月26日

    息子さんが障がい児として生まれてきたことをきっかけに、障がい者の雇用の場を創出し、全国平均月額1万円台という厳しい現実を踏まえて工賃アップを実現するミッションのもとショコラボを立ち上げた。
    ・自信のないメンバーもゆっくり着実にできることを増やしていく。できないことにフォーカスせずに、できることに着目...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています