消えた江戸300藩の謎 明治維新まで残れなかった「ふるさとの城下町」

消えた江戸300藩の謎 明治維新まで残れなかった「ふるさとの城下町」

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大ベストセラー『江戸三〇〇藩 最後の藩主』著者が解説!

関ヶ原の怨念 引っ越し お家騒動 セクハラ&パワハラ 無嗣断絶…
なぜ、「大坂藩」は4年だけ存在したのか?

誰も調べなかった細かすぎる雑学を日本一マニアックに掘り起こす!

関ヶ原の戦いの直前から幕末までの270年間を通じて見ると、600家の大名家のうち、260だけが明治維新まで残り、残りの半数は消えていった。関ヶ原の戦いの怨念で消えた藩、「築城」「城の移転」で消えた藩、「反乱の疑い」で消えた藩、松平・徳川一族の「お家事情」で消えた藩、「お家騒動」「大人の事情」で消えた藩、「セクハラ」「パワハラ」「スキャンダル」で消えた藩、後継者が確保できずに消えた藩……などなど、藩名にまつわる雑学をベストセラー作家が徹底分析。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
イースト新書Q
電子版発売日
2018年02月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

消えた江戸300藩の謎 明治維新まで残れなかった「ふるさとの城下町」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年03月04日

    大名家の変遷の歴史。
    関ケ原の戦い以前から幕末まで、豊臣、徳川・・・特に
    江戸時代の動きについて、詳しく探っている。
    お家騒動、スキャンダル、後継問題・・・様々な理由で、
    名家といえども簡単に消え、
    或いは、旗本になって幕末まで残る。
    大名領である“藩”も吸収・合併・分割等で変遷した。
    600はあっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています