オリンピック秘史 120年の覇権と利権

オリンピック秘史 120年の覇権と利権

作者名 :
通常価格 2,138円 (税込)
紙の本 [参考] 2,376円 (税込)
獲得ポイント

10pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ナチズム喧伝に利用されたベルリン五輪、日本を含む西側諸国がボイコットしたモスクワ五輪など、時代ごとの国際情勢を映してきたオリンピックの歴史を追い、今の課題を洗い出す。五輪代表経験を持つ元プロサッカー選手にして米国気鋭の政治学者による渾身の作。

ジャンル
出版社
早川書房
ページ数
336ページ
電子版発売日
2018年01月31日
紙の本の発売
2018年01月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年04月10日

近代オリンピック120年の負の側面。

 近代オリンピックはグーベルタンの時代からアマチュアの定義や政治との距離感など様々な問題があった。初期のオリンピックが万博の添え物で選手自身が自分が五輪に出てる自覚がなかったというのは驚いた。
 近年のオリンピックは大企業とIOC幹部が利益を得て、開催地の市民...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています