鍋大好き読本

鍋大好き読本

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

鍋料理の歴史から、その醍醐味、日本各地の自慢の鍋を紹介。そして湯豆腐、寄せ鍋、ちゃんこ鍋、アンコウ鍋、鴨鍋、すき焼き、カキの土手鍋など、さまざまな鍋料理の作り方を解説する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
シティブックス
ページ数
152ページ
電子版発売日
2018年02月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
41MB

鍋大好き読本 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「鍋料理」の紹介本や料理本、レシピブックは数多くあるけれど、男が遊び心で楽しむ「鍋料理」、というおいしんぼ的な視点と、著者の個人的なこだわりで書かれていることに、心地よさを感じる1冊。日本全国の鍋料理(もちろん著者の好き嫌いが根底にある独断)を取材し、そのうんちくやおいしい食べ方を紹介している、エッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月24日

    鍋大好きだろうと感じさせる筆者が
    様々な鍋の歴史やこだわり、作り方を
    紹介している一冊。

    ねぎま鍋、ちゃんこ鍋、カキの土手鍋、アンコウ鍋
    すき焼きなどの鍋の始まりはなるほど~という感じで
    雑学の知識としてタメになります。

    雑学本であるので、勉強になると言う事はないですが、
    とりあえずこの本を読ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    料理本というよりも、鍋にまつわるうんちく本でした。
    (2007/1/8追記)いろんな鍋について筆者の思いたっぷりに語られるのでなにの鍋をするかを決めるのにその思いを参考にして楽しむって読み方もあると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています