愚連街(6)

愚連街(6)

作者名 :
通常価格 650円 (591円+税)
獲得ポイント

3pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

東京でいま一番アブない街、愚連街――

シーマの収容されている警察病院が何者かによって爆破され、その大混乱に乗じて脱走することに成功したマハルとシーマ。

かつての仲間だったたっくん達の助けも借り、犯人を見つけようと帝ニュータウンに狙いを定め潜入する。

だがソコには愚連街連続爆破事件の首謀者、孤田ケイが率いる犯人集団が待ち構えていた―――!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
裏サンデー
電子版発売日
2019年09月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
60MB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 愚連街(1)
    607円(税込)
    終末の東京に卍ヤベェ奴が降り立った! 20XX年……「東京でいま一番アブない街を知ってる?」 “愚連街”―― 不良、チンピラ、半グレ、ヤクザ、マフィア、そしてサイコパス… すべてのタチの悪い連中が吹き溜まる、一つの巨大な愚連隊のような暴力が支配する街! その荒廃しきった弱肉強食の地獄のようなワルの聖地に、一人の田舎ヤンキーがやって来た!! 野性ヤンキーVSサイコパス集団! 主人公・天道マハル...
  • 愚連街(2)
    650円(税込)
    東京でいま一番アブない街、愚連街―― 上京してきた田舎ヤンキー・天道マハルは、ボッタクリキャバクラのキャバ嬢・クルミと再会する。 自分を騙したクルミだが、マハルは好意を抱く。 しかし、そのクルミとペットの猫・ポン太が目の前で謎の集団に拉致されてしまう。 ちょうどそのころ虎坂シーマは街で起こる連続猟奇殺人事件の容疑者として愚連街の番人『九頭一家』から追われだす。 濡れ衣を晴らすため...
  • 愚連街(3)
    650円(税込)
    東京でいま一番アブない街、愚連街―― クルミとポン太を拉致した謎のアニマルマスク集団「偽ルナーキー」を追い平和山動物園跡地へ辿り着いたマハルとシーマ。 「動物虐待」の濡れ衣で拷問され絶命寸前のクルミの元へ駆けつける二人だが、無数にいる敵の戦闘員と“愚連街で絶対にモメちゃァいけねー奴”である最強のホームレス『ゲンジン』の猛攻に苦戦する。 そんな集団に対しマハルとシーマはたった二人...
  • 愚連街(4)
    650円(税込)
    東京でいま一番アブない街、愚連街―― 共通の敵を打倒するため一時的に手を組んだマハルとシーマは連続猟奇殺人事件の犯人集団「偽ルナーキー」のアジトへ乗り込み死闘を繰り広げる。 マハルの限界を超えた拳とシーマの機転で無数の戦闘員達を蹴散らした二人だが、追い詰められた敵のリーダー“着ぐるみ姿の謎の殺人鬼ツッキー”はクルミを盾にして容赦ない攻撃を仕掛けてくる―――! 意外な結末の愚連街第壱...
  • 愚連街(5)
    650円(税込)
    東京でいま一番アブない街、愚連街―― 第弐部ファイアーバグズマエストロが始まりさらなる大事件に巻き込まれるマハルとシーマ。 愚連街で起こっている連続爆破事件。現場には必ず「ルナーキー」のエンブレムの入ったライターが落ちているため、ルナーキー創設者であるシーマが容疑者として警察に逮捕されてしまう。 シーマの汚名を晴らすため真犯人探しに動き出したマハルへ「ルナーキー」を創設したも...
  • 愚連街(6)
    650円(税込)
    東京でいま一番アブない街、愚連街―― シーマの収容されている警察病院が何者かによって爆破され、その大混乱に乗じて脱走することに成功したマハルとシーマ。 かつての仲間だったたっくん達の助けも借り、犯人を見つけようと帝ニュータウンに狙いを定め潜入する。 だがソコには愚連街連続爆破事件の首謀者、孤田ケイが率いる犯人集団が待ち構えていた―――!
  • 愚連街(7)
    続巻入荷
    650円(税込)
    東京でいま一番アブない街、愚連街―― 連続爆破事件の首謀者、狐田ケイの壮絶な過去が明かされ、事件の動機と目的である「愚連街リセット計画」が語られる。 そして計画は最終段階、大虐殺へ…! ケイの罠にかかり満身創痍のマハルとシーマだが、計画を止めるためそれぞれの決戦の場へと向かう―――! 愚連街第弐部ファイアーバグズマエストロいよいよクライマックスの第七巻!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「手石ロウ」のこれもおすすめ