魔法せい少女きらり 第1話
  • 完結

魔法せい少女きらり 第1話

作者名 :
通常価格 165円 (150円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ごくごく平凡な日常を過ごす山本 実(やまもと みのる)は、ある日、女性を襲うモンスターを目撃する。それを阻止すべく現れたクラスメイトの白石 星凜(しらいし きらり)は呪文を唱え変身する…その名は“魔法せい少女きらり”!突然の魔法少女の出現、というよりは、変身時にクラスメイトの裸を目の当たりにしたことに戸惑う実は…。

ジャンル
出版社
ジュリアンパブリッシング
掲載誌・レーベル
コミックジンガイ
ページ数
21ページ
電子版発売日
2017年12月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

魔法せい少女きらり 第1話 のユーザーレビュー

レビューがありません。

魔法せい少女きらり のシリーズ作品 全10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 魔法せい少女きらり 第1話
    完結
    ごくごく平凡な日常を過ごす山本 実(やまもと みのる)は、ある日、女性を襲うモンスターを目撃する。それを阻止すべく現れたクラスメイトの白石 星凜(しらいし きらり)は呪文を唱え変身する…その名は“魔法せい少女きらり”!突然の魔法少女の出現、というよりは、変身時にクラスメイトの裸を目の当たりにしたことに戸惑う実は…。
  • 魔法せい少女きらり 第2話
    完結
    魔法少女には“パートナー制”があり、きらりは実に契約を結んでほしいと願う。その方法は…なんとキス!!呪文を唱え、結ばれる二人であったが、魔法力を高める為にマニュアルを読みこんだきらりは戸惑いを隠せない。その方法とは、エッチな気分を高めることだったのだ。
  • 魔法せい少女きらり 第3話
    完結
    きらりはパートナー契約を結んだ実を放課後、中庭に呼び出す。お互いの事を更に知るためにきらりは語りだす…“魔法少女”の秘密とは…衝撃の事実が今ここに!っていうほど大げさな話ではありませんw
  • 魔法せい少女きらり 第4話
    完結
    モンスターに呑み込まれた実と謎の魔法少女…彼女こそきらりの双子の妹・ルリアであった。絶対絶命の状況の中、次第に打ち解けてゆく二人ではあったが、ルリアの服が徐々に溶け出し…
  • 魔法せい少女きらり 第5話
    完結
    モンスターに呑み込まれ大ピンチのルリアと実。ルリアはモンスターのヌルヌルでどんどんえっちな恰好になり、魔力も使えなくなってしまう。起死回生をかけた実のアイデアに、魔法少女(妹)ルリアの反応は…?!
  • 魔法せい少女きらり 第6話
    完結
    きらりに、実とパートナー契約を結んだことが知られてしまい動揺するルリア。そんな彼女に告げられるきらりの思い…それはさておき今回は温泉回!あんな姿やこんな姿のきらりにルリア。さらにさらに、意外な人のあられのない姿まで…どーする実!?
  • 魔法せい少女きらり 第7話
    完結
    学校でのんびり授業を受けていた実のもとに、突然現れたエトリーヌ。モンスターが大量に発生し、街は大パニックだという。きらりとルリアは魔法の力で、窮地を切り抜けられるのか!? そして、温泉できらりを意味深に見つめていた、謎の美女の正体とは!?
  • 魔法せい少女きらり 第8話
    完結
    「魔法で私のこと倒してごらんなさいよ」ナナオの言葉に動揺するきらりを庇う実。ナナオは実がきらりのパートナーと知り大ショック!!怒ったナナオが召喚したモンスターに実は攫われてしまう。連れていかれた先で実が見たものは…。そしてきらりに最大のピンチが訪れる!?
  • 魔法せい少女きらり 第9話
    完結
    魔法が使えなくなってしまったきらり。ルリアとエトはきらりの魔法を戻す方法を必死に探す。一方、学校を休んだきらりの様子を見にきらりの家へ向かう実。「この地球(ほし)にいてもいいのかな?」不安から自分を責めるきらりを抱き締め、側にいることを約束してキスをする実。心と心で繋がった二人に奇跡が起こる!?
  • 魔法せい少女きらり 第10話
    完結
    実と繋がったことで魔力が戻って復活のきらり!喜ぶルリアとエト。復活を察知したナナオは再び街にモンスターを放つ。実が見守る中ナナオを止めるためにきらりが出す魔法(こたえ)とは⁉ 魔法少女のたちの物語、感動(⁉)のフィナーレ☆

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています