NEXTOKYO 「ポスト2020」の東京が世界で最も輝く都市に変わるために

NEXTOKYO 「ポスト2020」の東京が世界で最も輝く都市に変わるために

作者名 :
通常価格 2,530円 (2,300円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2020年東京五輪・パラリンピックは日本経済、最大の起爆剤!
自動車、電機、通信、物流、医療、小売り、警備、観光、エンタメ、
外食、ホテル、不動産、ロボット、AI(人工知能)、ドローン……
全産業のビジネスチャンスを総ざらい!!!

東京では現在、2020年の東京五輪・パラリンピックの開催に向けて、
あらゆる場所で大型の都市再開発プロジェクトが進んでいます。
けれど、その内容には大きな懸念があります。
というのも、このままでは東京が、"つまらない未来都市"に、なりかねないからです。
安全で、清潔で、居心地はいいけれど、あまり面白くない。
そんな国際都市に、世界第一線の優れた企業や優れた人材は、なかなか集まりません。
本来、東京は、もっと個性豊かで、魅力的で、多様な特徴がつまった、
とてもユニークな都市です。現在の強みをさらに磨けば、東京は世界で唯一無二の、
最強の国際都市に生まれ変わるはずです。
そこで多様な分野の一線で活躍するキーパーソンが結集。
未来の東京、すなわち「NEXTOKYO」のあるべき姿と、
全産業のビジネスチャンスを徹底解説しました。

≪NEXTOKYOプロジェクトのメンバー一覧≫
A.T.カーニー 梅澤高明/ABBALab 小笠原 治/カフェ・カンパニー 楠本修二郎/
ライゾマティクス 斎藤精一/弁護士 斎藤貴弘/アーティスト、東京大学 スプツニ子!/
Takram 田川欣哉/元陸上競技選手 為末 大/ロフトワーク 林 千晶/タイムアウト東京 伏谷博之/
建築家、東京藝術大学 藤村龍至/建築家、米ハーバード大学大学院 森 俊子

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
日経BP
ページ数
344ページ
電子版発売日
2017年11月24日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
26MB

NEXTOKYO 「ポスト2020」の東京が世界で最も輝く都市に変わるために のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年10月30日

    日本文化の良い意味での混沌さと
    コミュニティから生まれるサブカルチャーを感じる本だった。
    相反するものを共存、隣接させることで
    遊べる余白が生まれて
    その狭間から文化は生まれるのかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年09月29日

    113ページ予防診断治療モニタリングでデジタルヘルスサービスの進化が続く

    古地図、スマホを照らすとその時代の風景で見える
    各施策をどう考えてるのか
    東京五輪は予算1/3をつぎ込んで都内インフラ整備
    50年後、誰を呼びたいか

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています