牡丹色のウエストポーチ~杉原爽香四十四歳の春~

牡丹色のウエストポーチ~杉原爽香四十四歳の春~

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「杉原爽香の娘を殺して」夜明け前の公園で交わされた契約が、危険な事件の連鎖を誘い込む。不穏な思惑などつゆ知らず、学校行事の一環で山間のキャンプ地に赴くこととなった爽香と娘の珠実。楽しいはずの旅行先で、殺意は着実に迫りつつあった……。新たな事件、移ろう人間関係、それぞれの成長。登場人物が読者とともに年齢を重ねる大人気シリーズ第30弾!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2017年11月24日
紙の本の発売
2017年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2017年09月11日

    安定の30作目。悲しい別れがあったものの、爽香への負担は相変わらず。同年代の爽香を応援しつつずっと見守っていきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月12日

    爽香もすでに44歳。周囲で亡くなる人も出てくるし時は確実に進んでいるんだなと思いつつ、このワイドショー並みの事件簿は変わらないわけで。ここまで来ると習慣のように読むようになったなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年09月10日

    まだカルメン・レミを引きずるとは……。
    前作の記憶がさっぱりで、改めて読み返してみた。
    そしたら、前作の終わりで大宅栄子が意味深に姿を見せてたんだけど、今作では登場しなかったな。
    最初に殺害を依頼してるのは大宅栄子かと思ったし。

    闘病の末、兄が死亡。
    そして河村さんの死期が近そうで哀しい。。。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています