会計学論考

会計学論考

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
紙の本 [参考] 2,310円 (税込)
獲得ポイント

6pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

会計学を考察する時、一般の著書では、わからないことについて、ふれてみた。
論理的観点から、その発端について、わかりやすく説明をした。
そして、伝票会計について、その取引と実務についてふれた、いわゆるユートピアといわれるものの中で、どう会計が、役立っているのか、歴史的考察と共に、述べている。
また、数字との関係も深いと思うので、数学的なアプローチもしている。
その他、関連分野にも言及している。
税制改革にも、論考を示しているので、戦後日本の情況がわかると思う。

ジャンル
出版社
BookWay
ページ数
52ページ
電子版発売日
2017年09月08日
紙の本の発売
2016年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

会計学論考 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています