狂愛心理パラドックス (5)
  • 完結

狂愛心理パラドックス (5)

作者名 :
通常価格 198円 (180円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

美貌の法学部助教・橘 幸成は、弟の幸隆に禁断の恋をしている。思いを隠し通すため家を出たが、幸隆は同じ大学へ追ってきてしまう。他愛のない触れ合いにも反応する心とカラダをもてあましていたある日、完璧に封印していたはずのその思いに気づき目をつけた生徒がいた。「弟に欲情するとか…ヤバすぎるでしょ」。心理学部の学生、一条 上総は類まれな心理学の才能と嗅覚をもって幸成に揺さぶりをかけてきて…!? 危険だとわかっているのに、その瞳に抗えない… 歪むほど美しい背徳ラブ!

ジャンル
出版社
eBookJapan Plus
掲載誌・レーベル
BLfranc
ページ数
40ページ
電子版発売日
2018年02月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
19MB

関連タグ:

狂愛心理パラドックス (5) のユーザーレビュー

レビューがありません。

狂愛心理パラドックス のシリーズ作品 全7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 狂愛心理パラドックス (1)
    完結
    美貌の法学部助教・橘 幸成は、弟の幸隆に禁断の恋をしている。思いを隠し通すため家を出たが、幸隆は同じ大学へ追ってきてしまう。他愛のない触れ合いにも反応する心とカラダをもてあましていたある日、完璧に封印していたはずのその思いに気づき目をつけた生徒がいた。「弟に欲情するとか…ヤバすぎるでしょ」。心理学部の学生、一条 上総は類まれな心理学の才能と嗅覚をもって幸成に揺さぶりをかけてきて...
  • 狂愛心理パラドックス (2)
    完結
    美貌の法学部助教・橘 幸成は、弟の幸隆に禁断の恋をしている。思いを隠し通すため家を出たが、幸隆は同じ大学へ追ってきてしまう。他愛のない触れ合いにも反応する心とカラダをもてあましていたある日、完璧に封印していたはずのその思いに気づき目をつけた生徒がいた。「弟に欲情するとか…ヤバすぎるでしょ」。心理学部の学生、一条 上総は類まれな心理学の才能と嗅覚をもって幸成に揺さぶりをかけてきて...
  • 狂愛心理パラドックス (3)
    完結
    美貌の法学部助教・橘 幸成は、弟の幸隆に禁断の恋をしている。思いを隠し通すため家を出たが、幸隆は同じ大学へ追ってきてしまう。他愛のない触れ合いにも反応する心とカラダをもてあましていたある日、完璧に封印していたはずのその思いに気づき目をつけた生徒がいた。「弟に欲情するとか…ヤバすぎるでしょ」。心理学部の学生、一条 上総は類まれな心理学の才能と嗅覚をもって幸成に揺さぶりをかけてきて...
  • 狂愛心理パラドックス (4)
    完結
    美貌の法学部助教・橘 幸成は、弟の幸隆に禁断の恋をしている。思いを隠し通すため家を出たが、幸隆は同じ大学へ追ってきてしまう。他愛のない触れ合いにも反応する心とカラダをもてあましていたある日、完璧に封印していたはずのその思いに気づき目をつけた生徒がいた。「弟に欲情するとか…ヤバすぎるでしょ」。心理学部の学生、一条 上総は類まれな心理学の才能と嗅覚をもって幸成に揺さぶりをかけてきて...
  • 狂愛心理パラドックス (5)
    完結
    美貌の法学部助教・橘 幸成は、弟の幸隆に禁断の恋をしている。思いを隠し通すため家を出たが、幸隆は同じ大学へ追ってきてしまう。他愛のない触れ合いにも反応する心とカラダをもてあましていたある日、完璧に封印していたはずのその思いに気づき目をつけた生徒がいた。「弟に欲情するとか…ヤバすぎるでしょ」。心理学部の学生、一条 上総は類まれな心理学の才能と嗅覚をもって幸成に揺さぶりをかけてきて...
  • 狂愛心理パラドックス (6)
    完結
    美貌の法学部助教・橘 幸成は、弟の幸隆に禁断の恋をしている。思いを隠し通すため家を出たが、幸隆は同じ大学へ追ってきてしまう。他愛のない触れ合いにも反応する心とカラダをもてあましていたある日、完璧に封印していたはずのその思いに気づき目をつけた生徒がいた。「弟に欲情するとか…ヤバすぎるでしょ」。心理学部の学生、一条 上総は類まれな心理学の才能と嗅覚をもって幸成に揺さぶりをかけてきて...
  • 狂愛心理パラドックス (7)
    完結
    美貌の法学部助教・橘 幸成は、弟の幸隆に禁断の恋をしている。思いを隠し通すため家を出たが、幸隆は同じ大学へ追ってきてしまう。他愛のない触れ合いにも反応する心とカラダをもてあましていたある日、完璧に封印していたはずのその思いに気づき目をつけた生徒がいた。「弟に欲情するとか…ヤバすぎるでしょ」。心理学部の学生、一条 上総は類まれな心理学の才能と嗅覚をもって幸成に揺さぶりをかけてきて...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています