鳥籠ハレム 冷徹シークの囚愛(分冊版) 【第1話】
  • 完結

鳥籠ハレム 冷徹シークの囚愛(分冊版) 【第1話】

作者名 :
通常価格 165円 (150円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

両親の死をきっかけに、親族の裏切りで某国へ売り飛ばされてしまった愛。抵抗もむなしく怪しげな薬を飲まされ連れ去られた先は、豪華爛漫なハレムだった。目を覚ました愛の前に現れたサイード王子と呼ばれる男。王子は愛を見初めるも、「ハレムを出るためには死ぬか、自分の子を孕むか」の二択であることを告げ、その歪んだ愛情から無理矢理愛の体を奪う。女は「子を産むための道具」なのか……王子の屈折した愛情と独占欲に囚われながら、愛はハレムからの脱走を試みるが…。

ジャンル
出版社
ぶんか社
掲載誌・レーベル
禁断Lovers
電子版発売日
2017年09月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

鳥籠ハレム 冷徹シークの囚愛(分冊版) 【第1話】 のユーザーレビュー

レビューがありません。

鳥籠ハレム 冷徹シークの囚愛(分冊版) のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 鳥籠ハレム 冷徹シークの囚愛(分冊版) 【第1話】
    完結
    両親の死をきっかけに、親族の裏切りで某国へ売り飛ばされてしまった愛。抵抗もむなしく怪しげな薬を飲まされ連れ去られた先は、豪華爛漫なハレムだった。目を覚ました愛の前に現れたサイード王子と呼ばれる男。王子は愛を見初めるも、「ハレムを出るためには死ぬか、自分の子を孕むか」の二択であることを告げ、その歪んだ愛情から無理矢理愛の体を奪う。女は「子を産むための道具」なのか……王子の屈折し...
  • 鳥籠ハレム 冷徹シークの囚愛(分冊版) 【第2話】
    完結
    両親の死をきっかけに、親族の裏切りで某国へ売り飛ばされてしまった愛。抵抗もむなしく怪しげな薬を飲まされ連れ去られた先は、豪華爛漫なハレムだった。目を覚ました愛の前に現れたサイード王子と呼ばれる男。王子は愛を見初めるも、「ハレムを出るためには死ぬか、自分の子を孕むか」の二択であることを告げ、その歪んだ愛情から無理矢理愛の体を奪う。女は「子を産むための道具」なのか……王子の屈折し...
  • 鳥籠ハレム 冷徹シークの囚愛(分冊版) 【第3話】
    完結
    両親の死をきっかけに、親族の裏切りで某国へ売り飛ばされてしまった愛。抵抗もむなしく怪しげな薬を飲まされ連れ去られた先は、豪華爛漫なハレムだった。目を覚ました愛の前に現れたサイード王子と呼ばれる男。王子は愛を見初めるも、「ハレムを出るためには死ぬか、自分の子を孕むか」の二択であることを告げ、その歪んだ愛情から無理矢理愛の体を奪う。女は「子を産むための道具」なのか……王子の屈折し...
  • 鳥籠ハレム 冷徹シークの囚愛(分冊版) 【第4話】
    完結
    両親の死をきっかけに、親族の裏切りで某国へ売り飛ばされてしまった愛。抵抗もむなしく怪しげな薬を飲まされ連れ去られた先は、豪華爛漫なハレムだった。目を覚ました愛の前に現れたサイード王子と呼ばれる男。王子は愛を見初めるも、「ハレムを出るためには死ぬか、自分の子を孕むか」の二択であることを告げ、その歪んだ愛情から無理矢理愛の体を奪う。女は「子を産むための道具」なのか……王子の屈折し...
  • 鳥籠ハレム 冷徹シークの囚愛(分冊版) 【第5話】
    完結
    両親の死をきっかけに、親族の裏切りで某国へ売り飛ばされてしまった愛。抵抗もむなしく怪しげな薬を飲まされ連れ去られた先は、豪華爛漫なハレムだった。目を覚ました愛の前に現れたサイード王子と呼ばれる男。王子は愛を見初めるも、「ハレムを出るためには死ぬか、自分の子を孕むか」の二択であることを告げ、その歪んだ愛情から無理矢理愛の体を奪う。女は「子を産むための道具」なのか……王子の屈折し...
  • 鳥籠ハレム 冷徹シークの囚愛(分冊版) 【第6話】
    完結
    両親の死をきっかけに、親族の裏切りで某国へ売り飛ばされてしまった愛。抵抗もむなしく怪しげな薬を飲まされ連れ去られた先は、豪華爛漫なハレムだった。目を覚ました愛の前に現れたサイード王子と呼ばれる男。王子は愛を見初めるも、「ハレムを出るためには死ぬか、自分の子を孕むか」の二択であることを告げ、その歪んだ愛情から無理矢理愛の体を奪う。女は「子を産むための道具」なのか……王子の屈折し...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています