飼い犬は手を噛まない 第3話
  • 完結

飼い犬は手を噛まない 第3話

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

就職活動に失敗し、道端で泥酔してしまった大学生の小鹿(おじか)。ミステリアスな社会人の湯屋(ゆや)にお持ち帰りされた先は、個性的な住人たちと愛くるしい犬が共に暮らすシェアハウスだった。
小鹿は大学を卒業してなお、湯屋の与える快楽にただただ溺れるだけの日々を過ごしていた。しかしある日、別室のサラリーマン・宇井(うい)の紹介で、とある企業の面接を受けることに!
「湯屋さんと一緒にいても胸を張れるように、頑張ってみたいです」
湯屋にも背中を押してもらった小鹿は、ついに勇気を振り絞って面接官と対峙するが!?

ジャンル
出版社
オーバーラップ
掲載誌・レーベル
LiQulle
ページ数
39ページ
電子版発売日
2017年12月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

飼い犬は手を噛まない 第3話 のユーザーレビュー

レビューがありません。

飼い犬は手を噛まない のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 飼い犬は手を噛まない 第1話
    完結
    「“気持ちいい”で、頭いっぱいにしちゃおう」 それは、日々の本当に小さなお楽しみ…のはずだった。 美形でミステリアスな社会人、湯屋陽二(ゆやようじ)。湯屋は毎朝の通勤中、精悍な顔立ちでありながらどこか隙と可愛げのある大学生・小鹿春雄(おじかはるお)を遠目に眺めることを一日の活力としていた。 しかしある日の帰り道、湯屋はスーツ姿の小鹿が泥酔し、道端に横たわっている姿を見かけてしまう...
  • 飼い犬は手を噛まない 第2話
    完結
    「元気になっちゃったね。どうする? エッチする?」 気弱で不器用な大学生・小鹿(おじか)。何もかもがうまくいかず道端で泥酔していた彼は、美形でミステリアスな社会人・湯屋(ゆや)に拾われる。 湯屋に抱きしめられ、エッチなことをされていく内に、身も心もぐずぐずに蕩かされてしまった小鹿。彼はそれ以来ずっと湯屋の部屋に住み、淫らな日々を過ごしていた。 しかしある日、湯屋とのセックスを謎...
  • 飼い犬は手を噛まない 第3話
    完結
    就職活動に失敗し、道端で泥酔してしまった大学生の小鹿(おじか)。ミステリアスな社会人の湯屋(ゆや)にお持ち帰りされた先は、個性的な住人たちと愛くるしい犬が共に暮らすシェアハウスだった。 小鹿は大学を卒業してなお、湯屋の与える快楽にただただ溺れるだけの日々を過ごしていた。しかしある日、別室のサラリーマン・宇井(うい)の紹介で、とある企業の面接を受けることに! 「湯屋さんと一緒に...
  • 飼い犬は手を噛まない 第4話
    完結
    傷心の小鹿(おじか)を優しく抱きしめ、甘い言葉で肯定する湯屋(ゆや)。 そんな湯屋に癒され、改めて恋心を自覚する小鹿。 そして、身も心も蕩けるセックスの後―― 『ずっと俺の傍にいて? 小鹿(こじか)ちゃんの意思で』 そう囁いた湯屋の表情は、熱っぽくもどこか切なげで……。 “湯屋さんと一緒にいたい。でもそれって、ペットと同じなんじゃないのか?” このままで良いのかと思い悩む小鹿。彼が出した...
  • 首輪はずっとはなさない
    完結
    現実主義者でクールなサラリーマン・宇井(うい)。 彼は、売れない漫画家・米原(よねはら)、美形な変人・湯屋(ゆや)、その気弱な恋人・小鹿(おじか)と共にシェアハウスで暮らしていた。 しかしある日、湯屋と小鹿が“家を出て同棲する”と言い出す! このままでは、貧乏な米原が飼い犬のスザンヌと共に路頭に迷ってしまう……! 米原と離れがたく思った宇井は、別の場所で2人と1匹で暮らすことを提案...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています