MIND OVER MONEY―――193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実

MIND OVER MONEY―――193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人がお金を支配するのか?
お金が人を支配するのか?

なぜ、
人は金額が大きくなると勘定が大雑把になり、
貧乏になるとより損をしやすく、
お金があるほどケチになるのか?

心理学を一般の人にもわかりやすく伝えるとして
英国の人気心理学者が誰もが気になる
『お金』というテーマで心の不思議を紹介します。

また、多くの心理的な研究結果とともに
・損失回避
・授かり効果
・妥協効果
・アンカリング
などの専門用語も明快に解説。

雑学本として老若男女が楽しめるだけでなく、
お金に対する思考、感情、行動を変え、
健全で豊かな関係を築けるようになる一冊です。


なぜ、紙幣が破損されると嫌な思いをするのか?

なぜ、中身が同じでも高い薬のほうが効くのか?

なぜ、金額が大きくなればなるほど支払いが大雑把になるのか?

なぜ、お金があればあるほどケチになる人がいるのか?

なぜ、交渉相手に金額を先に提示させてはいけないのか?

などなど

お金に対するあらゆる疑問を、
193もの研究や調査の結果からひも解いていきます。


■目次

Prologue 100万ポンドを燃やした夜
Chapter1 人とお金の関係はいつから始まるのか?
Chapter2 お金への愛着について
Chapter3 心の会計と銀行の会計
Chapter4 一度つかんだら離さないワケ
Chapter5 価格に適正はあるか?
Chapter6 お金でやる気は引き出せる?
Chapter7 賞金とお礼
Chapter8 お金はいくらあっても困らない
Chapter9 貧困がもらたすもの
Chapter10 お金のダークサイド
Chapter11 お金と善意と幸福と
Chapter12 お金が貯まる心の持ち方
Chapter13 お金を使う喜び

■著者 クラウディア・ハモンド
■翻訳 木尾糸己

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
あさ出版
ページ数
334ページ
電子版発売日
2017年08月11日
サイズ(目安)
6MB

関連タグ:

MIND OVER MONEY―――193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月15日

    お金にまつわる多種多様な心理学実験の論文を紹介した本でとにかく内容が濃い。
    ですが、論文を主に扱うため心理学や統計などに興味が無い方が気軽に読める内容の本では無いかもしれません。
    お金にまつわる誤解や思い込み、またお金がきっかけで引き起こされる仕事への不満、知人、友人への嫌悪、また貧しい人への偏見や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月04日

    今まで読んできた本の総まとめみたいな感じで読みやすかった

    細かく区切ってくれてるのでありがたい

    家には比較対照がない
    灰から同定したお札
    消費と報酬は直結していない
    単独だと評価アップ
    報酬が利他的な感情を押し出す
    ステレオタイプ脅威
    マラリアと貯金箱
    口座は遠ければ遠いほど貯まる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月17日

     濃密な内容で素晴らしい本だった。
     本書はお金に特化した行動経済学の本である。人間のお金にまつわる心理現象と行動について、心理学者達の学説や実験内容から解説されている。そのため、説得力があり、具体的事例をいくつも知ることができる。
     生きていく上でお金に関わらない人はいない。本書を読むことでお金の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月26日

    人がお金を自分の意思で使っているようで、実に多くはお金に操られている。それを裏付ける心理実験の数々が紹介されていてとても興味深かった。
    違った視点で興味深かったのは、猿の実験でも人間と同じ行動をとるようなところ。トークンと呼ばれるものを猿たちに与えてそれと引き換えに餌をあげる、つまりトークンはお金だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月13日

    意外と自分はお金に振り回されていないことが分かった。要は論理的な計画に基づいた消費を行えていれば問題ないということだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月29日

    実質331ページ.

    正直、これからの生活において活かせそうな実験の結果とかはあんまりなかったかなという印象.
    ただ、お金が絡むと人間は必ずしも合理的な判断をしなくなったり,宝くじに当たって悲惨な人生になった人の紹介を見るのが楽しかった( ^ω^ )
    人間だけでなく猿を使った実験もしてたけど、猿が仮...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています