~おかしな猫がご案内~ ニャンと室町時代に行ってみた
  • 完結

~おかしな猫がご案内~ ニャンと室町時代に行ってみた

作者名 :
通常価格 1,012円 (920円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本のイメージの源流はこの時代に!?
庶民目線でめぐる日本史の旅

おかしな猫に連れられて、気がつけばそこは室町時代。
戦国の世といったイメージが強いこの時代ですが、年中行事、御伽話、和室、和食、能、お茶……。
当時の生活様式や文化が、いまの日本と密接に結びついているのです!
室町庶民の暮らしをのぞいてみませんか!?

<目次>
●ねこでもわかる室町時代
  [コラム] 室町という時代と「名前」
●お茶は女のもの? 男のもの?
  [コラム] 茶道は男のたしなみだった?
●ムラ社会が国民性?
  [コラム] 日本を形作った「ムラ社会」
●アコガレの官位?
  [コラム] みんなが欲しがった朝廷の官位
●平和な相続とは?
  [コラム] 武士の相続、庶民と女性の相続
●乱世の下剋上とは?
  [コラム] 戦場に駆り出された人々
●物語好きが民度?
   [コラム] 意外に多い? 中世人の学びの場

ジャンル
出版社
ベストセラーズ
掲載誌・レーベル
ワニの本
ページ数
196ページ
電子版発売日
2017年08月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
151MB

~おかしな猫がご案内~ ニャンと室町時代に行ってみた のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年10月14日

    室町時代単体を
    扱っている
    それもマンガ というのが
    とても珍しいですよね。
    教科書や授業だけでは
    なにやら わからぬままに
    丸覚えした部分ですが
    歴史はつながりが見えてこそ
    面白いものだなぁ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月28日

    日本史の中でやや地味感のある室町時代の一般庶民の様子。
    幕府が年貢を取っていて、じゃあ朝廷は?とかは確かにと思ったし、官位の話とか面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています