SPSSによる応用多変量解析

SPSSによる応用多変量解析

作者名 :
通常価格 3,456円 (3,200円+税)
獲得ポイント

17pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。検索やハイライト等の機能が使用できません。

SPSSを用いた社会科学データの計量分析の実際!!
 本書は、SPSSを用いて社会科学データや社会調査の多変量解析を行うために必要な手法を解説する書籍です。最初に統計学の基礎的な解説を行ってから社会科学で使用頻度の高い統計手法を詳しく解説しています。従来の多変量解析手法である重回帰分析をはじめ、その応用の階層的重回帰分析、曲線関係の回帰分析、ロジスティック回帰分析(二項、多項、順序)、Cox回帰分析などを解説します。さらに離散時間ロジットモデル、マルチレベル分析など通常の社会科学の学習ではあまり触れない統計手法も解説します。

目次
第1章 多変量解析の応用のために
第2章 SPSS の基本操作
第3章 クロス集計表
第4章 平均値の差の検定
第5章 相関係数と偏相関係数
第6章 重回帰分析の基礎
第7章 ダミー変数の利用
第8章 交互作用項の利用
第9章 階層的重回帰分析とモデル比較
第10章 曲線関係の回帰分析
第11章 二項ロジスティック回帰分析
第12章 多項ロジスティック回帰分析
第13章 順序ロジスティック回帰分析
第14章 Cox 回帰モデル
第15章 離散時間ロジットモデル
第16章 マルチレベル分析
第17章 パネルデータのマルチレベル分析
第18章 多変量解析の結果のまとめ方と留意点
参考文献
索引

ジャンル
出版社
オーム社
ページ数
338ページ
電子版発売日
2017年12月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
229MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています