私は今日も先生に… ~弄ばれた小さな身体~ 第5話
  • 完結

私は今日も先生に… ~弄ばれた小さな身体~ 第5話

作者名 :
通常価格 77円 (70円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

卒業式を10日後に控えたある日、みなみは彼氏から「卒業したら結婚して欲しい」と言われる。優しくて大好きな幼馴染の彼。彼の言葉にみなみは返事をしようとするが、彼女には一つ大きな秘密があった。それは亡くなった両親の代わりにみなみの面倒を見てくれている親戚のセンセイとの暮らし。唯一の肉親であるセンセイはみなみのことを守ってくれる大人であったが、それと同時に身体を許した唯一の人でもあった。センセイには感謝していたが、それは彼氏に向ける感情とは全く違うもの。しかし、力強い大人のカラダにみなみは翻弄され開発されていく。様々な気持ちが混ざり合い、身体が心を裏切っていく中、みなみは――

ジャンル
出版社
悶々堂
ページ数
26ページ
電子版発売日
2017年06月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

私は今日も先生に… ~弄ばれた小さな身体~ 第5話 のユーザーレビュー

レビューがありません。

私は今日も先生に… ~弄ばれた小さな身体~ のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 私は今日も先生に… ~弄ばれた小さな身体~ 第1話
    完結
    卒業式を10日後に控えたある日、みなみは彼氏から「卒業したら結婚して欲しい」と言われる。優しくて大好きな幼馴染の彼。彼の言葉にみなみは返事をしようとするが、彼女には一つ大きな秘密があった。それは亡くなった両親の代わりにみなみの面倒を見てくれている親戚のセンセイとの暮らし。唯一の肉親であるセンセイはみなみのことを守ってくれる大人であったが、それと同時に身体を許した唯一の人でも...
  • 私は今日も先生に… ~弄ばれた小さな身体~ 第2話
    完結
    卒業式を10日後に控えたある日、みなみは彼氏から「卒業したら結婚して欲しい」と言われる。優しくて大好きな幼馴染の彼。彼の言葉にみなみは返事をしようとするが、彼女には一つ大きな秘密があった。それは亡くなった両親の代わりにみなみの面倒を見てくれている親戚のセンセイとの暮らし。唯一の肉親であるセンセイはみなみのことを守ってくれる大人であったが、それと同時に身体を許した唯一の人でも...
  • 私は今日も先生に… ~弄ばれた小さな身体~ 第3話
    完結
    卒業式を10日後に控えたある日、みなみは彼氏から「卒業したら結婚して欲しい」と言われる。優しくて大好きな幼馴染の彼。彼の言葉にみなみは返事をしようとするが、彼女には一つ大きな秘密があった。それは亡くなった両親の代わりにみなみの面倒を見てくれている親戚のセンセイとの暮らし。唯一の肉親であるセンセイはみなみのことを守ってくれる大人であったが、それと同時に身体を許した唯一の人でも...
  • 私は今日も先生に… ~弄ばれた小さな身体~ 第4話
    完結
    卒業式を10日後に控えたある日、みなみは彼氏から「卒業したら結婚して欲しい」と言われる。優しくて大好きな幼馴染の彼。彼の言葉にみなみは返事をしようとするが、彼女には一つ大きな秘密があった。それは亡くなった両親の代わりにみなみの面倒を見てくれている親戚のセンセイとの暮らし。唯一の肉親であるセンセイはみなみのことを守ってくれる大人であったが、それと同時に身体を許した唯一の人でも...
  • 私は今日も先生に… ~弄ばれた小さな身体~ 第5話
    完結
    卒業式を10日後に控えたある日、みなみは彼氏から「卒業したら結婚して欲しい」と言われる。優しくて大好きな幼馴染の彼。彼の言葉にみなみは返事をしようとするが、彼女には一つ大きな秘密があった。それは亡くなった両親の代わりにみなみの面倒を見てくれている親戚のセンセイとの暮らし。唯一の肉親であるセンセイはみなみのことを守ってくれる大人であったが、それと同時に身体を許した唯一の人でも...
  • 私は今日も先生に… ~弄ばれた小さな身体~ 最終話
    完結
    卒業式を10日後に控えたある日、みなみは彼氏から「卒業したら結婚して欲しい」と言われる。優しくて大好きな幼馴染の彼。彼の言葉にみなみは返事をしようとするが、彼女には一つ大きな秘密があった。それは亡くなった両親の代わりにみなみの面倒を見てくれている親戚のセンセイとの暮らし。唯一の肉親であるセンセイはみなみのことを守ってくれる大人であったが、それと同時に身体を許した唯一の人でも...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています