【電子特別版】かりゆしブルー・ブルー 空と神様の八月

【電子特別版】かりゆしブルー・ブルー 空と神様の八月

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「人間の上でもなく、下でもなく。私たちのすぐそばにいるもの。それが沖縄の神々さ」
怪異を祓うため神々の住む島・白結木島を訪れた春秋の前に現れたのは、地元の少女、空。天真爛漫で島想い、どこまでもフリーダムな彼女に呆れる春秋だったが、空は神様との縁を切ることで怪異を祓う“花人”の後継者――春秋が島を訪れた理由そのものだった。未熟ながらも、島の人々とともに怪異解決に挑む少年少女の、沖縄青春ファンタジー!

★イラストシリーズ『蒼囲空』×カミツキレイニーの沖縄タッグが贈る、青春活劇!
【電子特典】キャラクターデザインラフ集

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川スニーカー文庫
電子版発売日
2017年07月01日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

【電子特別版】かりゆしブルー・ブルー 空と神様の八月 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年08月22日

    沖縄が好きで、年に一度は訪れたいと思っている。御嶽(ウタキ)が好きで、神々と寄り添っている沖縄の文化が好きだ。石垣島の先にある架空の「神々の棲む島」で繰り広げられる少し不思議な物語は、そんなワシの好きな沖縄が詰まっていた。

    神的な存在に憑かれた少年と、神と人との仲立ちをする少女の物語は結構シリアス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月11日

    後半の過去語りの部分はかなり面白かったけど、ラストはちょっと予想と違っていたので驚いた。設定は突飛だがよくできているので合わなかったのは自分の好みかなあと。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています