ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科(角川つばさ文庫)

ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科(角川つばさ文庫)

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ノーベル化学賞が決まった吉野彰さんが小学4年生のときに出会い、「化学への興味を持つ原点」となった運命の1冊。
2016年にも、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典さんが子どものころに読み、科学者を志すきっかけになった本として注目されていたファラデーの『ロウソクの科学』を小学生向けにわかりやすくした角川つばさ文庫版!

「燃えたロウソクは、どこへ消えたの?」
「水と氷って、どっちが重いの?」
「さかさまにしたコップの水が落ちないのは、どうして?」
1本のロウソクを使ったたのしい実験で、身のまわりのふしぎを学ぼう! 
科学者のファラデーが子どもたちに見せた24の実験をイラストと物語でやさしく教えるよ! 
読めばだれでも理科がわかる・科学を好きになる! 
たのしくておもしろい、理科実験の入門書!【小学中級から ★★】

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川つばさ文庫
電子版発売日
2017年05月15日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科(角川つばさ文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月23日

    吉野彰さんがきっかけで読みましたが面白かったしためになった!子供でも読みやすくなっていると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月26日

    ロウソクのひみつからいろいろなことをときあしていく本です。科学の言葉がいろいろのっていておぼえやすいし、勉強にもなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月20日

    前に大人用の本書を読んだが、少し読みづらくイヤになったのだが、これは子供向けということもありわかりやすく。子供の頃、理科が好きだった、おもしろかったのは実験がおもしろかったんだということに気づいた。実験は誰がやっても同じ結果になる。これが実験の魅力だ。ろうそくを通して、火、水、空気などの知識を得るこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月28日

    ノーベル賞受賞者の愛読書として話題になったロウソクの科学、そのものはちょっと頭に入って来なさそうだったので、児童文庫で読んでみた。すっかり理科から遠ざかっていたけれど、楽しく読んで少し童心にかえった気持ち。
    でんじろうが好きな小1の甥っ子にも読んで貰って感想を聞きたいけど、まだ少し早いか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月08日

    小学生高学年向けのファラデー著”ロウソクの科学”を題材にした科学読み物。
    原著「ロウソクの科学」が様々な実験を交えながら、ロウソクの燃焼を観察し、科学的な視点をもってその事実を解き明かして行くように、こども向けに物語としてアレンジしている。
    内容には、さらに解説が必要な部分も有るように思えるが、おお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月07日

    ロウソクを用いた実験でこんなに広く理科を勉強できるのは感心した。
    多くは中学校くらいで学習する内容だけど、小学生でもザックリは理解できるようになっている。ほとんど学習済みの人が読んでも、情報が整理されたり、学習した内容が生活と結びついたりして面白いと思う。
    この本が理科を好きになるきっかけとなる子も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月11日

    前に岩波文庫のを読んで、小学生の子供が読むのには難し意かなという印象をうけたけど、本書であれば子供にもわかりやすそう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています