病院は東京から破綻する 医師が「ゼロ」になる日

病院は東京から破綻する 医師が「ゼロ」になる日

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「医療は大都市なら安心」はもはや幻想。首都圏でも医師不足は深刻で、近い将来、巨大な「無医村」地区が発生するかもしれない。NPO法人医療ガバナンス研究所理事長の著者が、病院破綻と医療難民の実態を明らかにし、処方箋を示す。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
192ページ
電子版発売日
2017年05月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

病院は東京から破綻する 医師が「ゼロ」になる日 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年08月18日

    このタイトルの意味だけでなく都内の病院の色がよく分かり勉強になりました。
    これから高齢者が増えると医師はもっと忙しくなるやろうな、、当たり前のように残業が必要になり、なりたいと思う人は少なくなるかもしれない。
    それを減らすためにも、見合った給料をだす必要がある。そのためには病院が繁盛しないといけない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月07日

    著者の主張はわかったけれど、一般市民に向けてのメッセージとして、コネが重要とか、患者数ランキングに注目とかは、ちょっと浮世離れした発言に思えました。医師のコミュニケーション能力の説明も、ほぼ人脈があって社交的であることと同義っていうのは誤解と思いました。プライマリケアって視点があんまり語られていなく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています