亡鬼桜奇譚
  • 完結

亡鬼桜奇譚

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

旅人の正親は、旅芸人一座の中で桜吹雪の様に美しく舞う「鬼」の娘に心奪われ、身請けする。彼女に「桜花」と名付け、共に旅をする内に心が通い始めるが、ある村で咲かない桜に出会い…。再び桜が咲く時、彼らを待っていた運命とは!? 表題作他、『無限時計』『サンドグラスの檻』『花のカノン』収録。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
LaLa
電子版発売日
2017年04月05日
サイズ(目安)
37MB

亡鬼桜奇譚 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    純文学みたい

    usa_usako22 2019年11月28日

    切ない、とにかく切なく美しい。
    絵はちょっと古い感じがするけど^_^昔の作品なのかな?
    でもストーリーは永遠に人を感動させる、純文学の様な、美しい切なさです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月28日

    どのお話もだいっすきです。
    亡鬼桜綺譚……なんて切ないんだろう。最後のページでは鳥肌が立ちました。儚くて、切なくて、悲しい。だから美しい。


    無限時計……世界の中心にたつ無限時計と、それぞれの左手に持つ銀時計。銀時計が示すのは各々の寿命。自分の寿命がわかるというのは残酷なことです。
    だけど、だから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月23日

    四つの話が収録されてる短編集。

    斎藤けんさんは短編を
    描くのがお上手だなと
    思いました。

    短いストーリーの中に
    置かれた一言一言が
    すっと、胸の中に入って
    いくかんじ。


    「無限時計」が
    一番好きでした。


    永遠って言葉は、どこか
    怖いですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月14日

    「サンドグラス」が本当に、ずるいなあ…!と思いました。
    寂しい話が多いですが、それもまた斎藤けんさんの味かなあと。
    世界時計の話も好きです。女の子がとってもかわいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月23日

    「サンドグラスの檻」がすきすぎてやばい。
    さいごのほう、表情が見えないけど表情が分かるって、すごい表現力だと。
    はー好きすぎる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月07日

    旅人と鬼の表題作「亡鬼桜奇憚」、大きな時計と寿命が刻まれた腕時計をする世界の少女の話「無限時計」、ドメスティックメイド話「サンドグラスの檻」など四編収録。
    ★五つは「サンドグラス〜」にです。鳥肌が立ちました。大好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    本当にもう大好きです。こっちもびっくりするくらいに。
    テーマは重いし、哀しいものも多いのですが、どれもどこか温かい。
    「花のカノン」はこの短編集の中でもすっごく短いものだけど、題名と中身の合致が素敵だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    斎藤さんのお話はwith!を読んでたんですが、この人のシリアスは半端ないと感じます。
    絵が綺麗なだけに迫力あるよなぁ。
    短編集ですが、シリアスばっかり集めたコミックス。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月30日

    ○感想

     時計の話がばり好みです。世界の終わりまでの時を刻む時計(実ははりぼて)と、一人一人の命の終わりまでの時を刻む銀時計がある世界。設定もいいし、少女のみずみずしさも美しい。いっそうらやましいくらいに。
     銀時計が見えたら、計画はある意味立てやすいのかもしれない。ただ、それが他の人と比較し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月25日

    「亡鬼桜〜」と「サンドグラス〜」は本誌で読んでたんですが、好き!
    特に「サンドグラス〜」はよいです。
    後書きにけんさん自身も書かれていますが、説明しづらい話です(爆
    「許せない」相手を「許せる」ようになる話……ですかね……?

    「花の名前」が一番好きですが、やっぱりけんさんのシリアスな話は好きだ!
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

LaLa の最新刊

無料で読める 少女マンガ

少女マンガ ランキング