殉教ところびを越えて

殉教ところびを越えて

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

粕谷甲一神父の講話を集めた「キリスト教とは何か」シリーズの第7弾。2017年3月5日、キリシタン大名「ユスト高山右近」が福者の列に加えられる列福式が、右近ゆかりの地である大阪で盛大に行われた。同じ時期に、紙本として本書は刊行された。400年前の高山右近が、なぜ今、信仰の模範として教会から栄誉を受けたのだろうか。本書全体をとおして、その答えへと導いている。迫害と殉教―昔と今、殉教ところびを越えて、現代の殉教とルドビゴ茨木、遠藤周作の「沈黙」、マザー・テレサとの出会いなど、粕谷神父の深い祈りと洞察をとおして、現代社会の迫害、殉教の意味を考える。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
女子パウロ会
ページ数
232ページ
電子版発売日
2017年04月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

殉教ところびを越えて のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年08月17日

    殉教とはなにか?をテーマにカトリックの神父が1年かけてなさった連続講話をまとめたもの。「現代日本にも見られる殉教」についての解説には、少ししっくり来ない部分もあるが、殉教についてキリスト教徒であるかどうかに関わらず抱きがちな誤解に触れている部分もあり、そこだけでも読んだ価値があったと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています