パンデモニウムより愛をこめて 分冊版 3
  • 完結

パンデモニウムより愛をこめて 分冊版 3

作者名 :
通常価格 132円 (120円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

僕ら天使の仕事は、迷える子羊を救うこと――悪魔にそそのかされ堕ちていく人間を"正しい道"へと導くため、下界へと降りてきたルイは、夜の街で写真家の男性に声を掛けられる。撮影のためと家まで案内されるが、でてきたのは怪しげな隠し撮り写真。きけば、妻の連れ子で義理の息子だと言う。「写真は"真実を写す"。美しい表情をフィルムに収めるために愛した女性しか撮らなかった。妻の子だから、愛せると思った。なのに、今は彼女以上に…」悪魔のささやきは、地獄への招待状か、それとも――?『バラ色の時代』『シュガーダーク』の恋煩シビトが写し出す、愛欲と享楽の世界。

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
comic marginal
電子版発売日
2017年10月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

パンデモニウムより愛をこめて 分冊版 3 のユーザーレビュー

レビューがありません。

パンデモニウムより愛をこめて 分冊版 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • パンデモニウムより愛をこめて 分冊版 1
    完結
    僕ら天使の仕事は、迷える子羊を救うこと――悪魔にそそのかされ堕ちていく人間を"正しい道"へと導くため、下界へと降りてきたルイは、夜の街で写真家の男性に声を掛けられる。撮影のためと家まで案内されるが、でてきたのは怪しげな隠し撮り写真。きけば、妻の連れ子で義理の息子だと言う。「写真は"真実を写す"。美しい表情をフィルムに収めるために愛した女性しか撮らなかった。妻の子だから、愛せると思...
  • パンデモニウムより愛をこめて 分冊版 2
    完結
    僕ら天使の仕事は、迷える子羊を救うこと――悪魔にそそのかされ堕ちていく人間を"正しい道"へと導くため、下界へと降りてきたルイは、夜の街で写真家の男性に声を掛けられる。撮影のためと家まで案内されるが、でてきたのは怪しげな隠し撮り写真。きけば、妻の連れ子で義理の息子だと言う。「写真は"真実を写す"。美しい表情をフィルムに収めるために愛した女性しか撮らなかった。妻の子だから、愛せると思...
  • パンデモニウムより愛をこめて 分冊版 3
    完結
    僕ら天使の仕事は、迷える子羊を救うこと――悪魔にそそのかされ堕ちていく人間を"正しい道"へと導くため、下界へと降りてきたルイは、夜の街で写真家の男性に声を掛けられる。撮影のためと家まで案内されるが、でてきたのは怪しげな隠し撮り写真。きけば、妻の連れ子で義理の息子だと言う。「写真は"真実を写す"。美しい表情をフィルムに収めるために愛した女性しか撮らなかった。妻の子だから、愛せると思...
  • パンデモニウムより愛をこめて 分冊版 4
    完結
    悪魔にそそのかされ堕ちていく人間を“正しい道”へと導くため、下界へと降りてきたルイは、夜の街で写真家の男性に声を掛けられる。撮影のためと家まで案内されるが、でてきたのは怪しげな隠し撮り写真。きけば、妻の連れ子で義理の息子だと言う。 「写真は“真実を写す”。美しい表情をフィルムに収めるために愛した女性しか撮らなかった。妻の子だから、愛せると思った。なのに、今は彼女以上に…」 悪魔の...
  • パンデモニウムより愛をこめて 分冊版 5
    完結
    悪魔にそそのかされ堕ちていく人間を“正しい道”へと導くため、下界へと降りてきたルイは、夜の街で写真家の男性に声を掛けられる。撮影のためと家まで案内されるが、でてきたのは怪しげな隠し撮り写真。きけば、妻の連れ子で義理の息子だと言う。 「写真は“真実を写す”。美しい表情をフィルムに収めるために愛した女性しか撮らなかった。妻の子だから、愛せると思った。なのに、今は彼女以上に…」 悪魔の...
  • パンデモニウムより愛をこめて 分冊版 6
    完結
    悪魔にそそのかされ堕ちていく人間を“正しい道”へと導くため、下界へと降りてきたルイは、夜の街で写真家の男性に声を掛けられる。撮影のためと家まで案内されるが、でてきたのは怪しげな隠し撮り写真。きけば、妻の連れ子で義理の息子だと言う。 「写真は“真実を写す”。美しい表情をフィルムに収めるために愛した女性しか撮らなかった。妻の子だから、愛せると思った。なのに、今は彼女以上に…」 悪魔の...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています