春の微熱
  • 完結

春の微熱

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

男ギライの少女の家に若い男の居候がやってきた「春の微熱」、さまざまな愛の形に少女の心が揺れ動く「うぶ毛の予感」、病弱な女生徒と先生のオドロキの関係「セーラー服の気持ち」ほか、「優しい季節」「なけなしのラブストーリィ」「ABCは知ってても…」「今6月の草木の中の」「俺たちは青春じゃない」「森江の日」「群青の日々」など、思春期の少女たちの恋愛、友情、性への憧れや不安をやさしく描いた青春物語10篇。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
384ページ
電子版発売日
2017年03月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
159MB

春の微熱 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年01月08日

    清原先生の独特の性の捉え方と、あっけらかんとした表現が大好きだ。この短編集はその部分がとにかく色濃くでている作品。
    初心で潔癖で面倒臭い性を抱える少女たちと、それをものすごくぬる目に見守る人たち。幸せな話も切ない話も、オチはどれも締まりがなく、そしてまるで無理がない。おかげで些細な部分に浸れる余韻が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月19日

    「花岡ちゃん」から一気にここに飛んで来てしまった。山本直樹による「解説」ですべてが言い尽くされていると感じる。(私は理系文学女?……。そのとおりだよ山本さん、「知性と感性」とか知性を理系と文系に分けることほど「本来の知性」から離れることはないって、私も思うよ、自称エロマンガ家山本直樹、ばんざい!)と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています