少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語

少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

20歳にして中堅私大1年の十倉和成。下宿の天袋からセーラー服姿の絶滅危惧種的大和撫子・さちがはいおりてきた日から彼の停滞しきった生活は急転する! 映画と少女と青春と。熱狂と暴走の新型ミステリ!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2017年02月25日
紙の本の発売
2017年02月
サイズ(目安)
2MB

少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年03月29日

    奇抜なアイデアと勢いに任せた青春ものなのかと思っていたら、いやいや、純情かつミステリアスで読み応えのある素敵な一冊でした。
    あらすじ(背表紙より)
    2浪の果てに中堅お坊ちゃん私大に入学した、十倉和成20歳。ある日、彼のボロ下宿の天袋からセーラー服姿の少女が這いおりてきた。少女・さちは5年前から天井裏...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月25日

    「そもそも合コンとは、何のためにあるのだ」
    「…はあ?」
    「時間を浪費して、金を浪費して、心を浪費して、価値観の合わぬ女子と話すことのどこに意味があるのか」
    「意味なんてない。ただ楽しいからに決まっているじゃないか」

    『無論亜門は喧嘩を売っているわけではない。母親の胎内に愛想というものを置き忘れて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月19日

    面白かったです。森見さんっぽい…と思うところもありましたが、終盤の映画にかける熱量がすごかったです。主人公の暴想も、ぐるぐる考えるところも好きでした。さちの現実感の無い夢のようなところも、古風な口調と相まって良かったです。大学時代って、こんな風に自分たちにしかわからないようなことに情熱を傾けてたな、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月28日

    一肇著
    「少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語 」
    読み進むほどに浅田次郎さんの「活動写真の女 」とかぶってしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月11日

    「人生は一場の舞台でありそこでお前は何を踊るのか。」
    一気に読んでしまった。心の奥底に入ってきて、そのまま固まってしまった。これはなんなのか・・・展開がすごい・・十倉が一番・・
    「裸になれ、十倉」才条は恐ろしく真顔でそう告げた。「全て脱ぎ捨てろ。見栄もプライドも欲も恥も煩悩も。すべて捨て去ってただ駆...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月26日

    登場人物や情景が目に浮かび、終始楽しかったです。ゆったりした前半と、怒涛のラストシーンの対比が印象的。文体のためか、森見登美彦作品と似た匂いを感じました。

    ポップな表紙ですが、読んでよかったと言える一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月18日

    帯ほどの衝撃はなかったけれど、確かに余韻は強い。鈍い痺れが少し続いて、その後に思い出したような爽やかな気持ちになれる。
    最後の一文は確かに粋。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月08日

    なんというか密度の濃い小説だった。すごく集中力を要求された。くだらない映画を量産する日本映画の監督たちにぜひ読んで欲しい作品だが、こんな暑苦しい大学生は今時いるんだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月15日

    ミステリー要素に期待していたが、どちらかというと青春小説要素の方が強かったように思う(全くミステリー要素がない訳ではないが、もっと伏線はってもよかったんじゃないかとも思う)

    青春の熱はすごくあった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年05月23日

    映画を巡る大学生達の話。
    主人公の大学生の青年は亡くなった友人の足跡を辿るため、大学へ進学した。しかし困窮と勉学の日々に追われ、元々の目的を忘れかけていた。
    そんな日々の中で突然ある少女に出会い、彼の物語が動き出す。

    というこんな話だけど、上手いこと出てくる人物の全てが映画に関わっている。また映画...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています